染色体凝縮に関わる遺伝子(RCC1)の機能の解明

閲覧数: 28
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

染色体凝縮に関わる遺伝子(RCC1)の機能の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Analysis of the functions of RCC1 gene involved in chromosomal condensation
責任表示:
林 直之(九州大学・大学院・医学系研究科・助手)
HAYASHI Naoyuki(九州大学・大学院・医学系研究科・助手)
関口 猛(九州大学・大学院医学系研究科・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
核内低分子量GタンパクRanのグアニンヌクレオチド交換因子RCC1のハムスター由来温度感受性変異株tsBN2は、S期同調後制限温度下に移行させると染色体複製の未成熟なままMPFが活性化し、染色体凝縮を起こす。本研究ではRCC1と相互作用する因子を2-ハイブリッド法を利用して分離した。RCC1 cDNAとGAL4遺伝子のDNA結合領域に融合し、酵母内で発現させ、この融合タンパク質と結合する因子を転写活性化領域に融合したcDNAライブラリーから分離した。実際には、平板培地上でGAL1 promoterからの遺伝子の発現を検出して選択した。このスクリーニングから2つの遺伝子RanBP1、 RanBP2由来のcDNAがクローン化された。これらは既にRanと結合する因子として報告されており、本研究でRan、 RanBP1、 RCC1 3者の相互作用を検討した結果、RanBP1はRanに依存してRCC1と複合体を形成し、RCC1によるRanからのグアニンヌクレオチド遊離反応を阻害することがわかった。一方、免疫蛍光抗体法によって、RanBP1は細胞質に局在することも明らかにした。RanBP2遺伝子は、当初、その遺伝子の一部だけがクローン化されていたが、約10.5kbの全長をλファージによるcDNAライブラリーからクローン化した。この遺伝子は358kDaのタンパク質をコードしており、その中にRanBP1と相同な領域を4つ、N端にロイシンに富んだ領域、C端にシクロフィリン相同領域、中央部に8つのZnフィンガー領域を持っていた。免疫蛍光抗体法および免疫電子顕微鏡観察によって、このタンパク質は核膜孔の細胞質フィラメントを構成することがわかった。さらに、この抗体によって核タンパク質の核内移行が阻害されることから、RanBP2は核内移行系に必須の因子であることを示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5
細胞周期制御のネットワーク by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
12
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5.
細胞周期制御のネットワーク by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
7.
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
12.
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu