細胞骨格蛋白とインスリン様増殖因子IIが神経芽腫の浸潤性に与える影響に関する研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞骨格蛋白とインスリン様増殖因子IIが神経芽腫の浸潤性に与える影響に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The Effects of Cytoskeltal Proteins And Insulin-like Growth Factor II on Invasive Capacity of Human Neuroblastoma Cells.
責任表示:
財前 善雄(九州大学・医学部・講師)
ZAIZEN Yoshio(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
Inulin-like growth factorII(IGF-II)は神経細胞の分化に大きな役割を担っていると考えられている.また,Retinoc acid(RA)は神経芽腫細胞の増殖を抑制し,分化を促すことが知られている.そこで,RAによるIGF-IIの遺伝子発現調節について検討した。神経芽腫細胞SK-N-SHには通常IGF-IIのmRNAは殆ど認められないが,10^<-6>MのRAを3日間処理すると明瞭にIGF-IIのmRNAが認められるようになった.このようなIGF-II mRNAはRA処理後12時間で出現し始め,2-4日でpeakに達した.RAによるIGF-II mRNAの増加はdose dependentであった.10^<-6>M-10^<-5>Mの濃度でRAを処理したときに最もmRNAの増加が著しかった.このように,RAは,直接神経芽腫細胞に作用を及ぼす以外にも,IGF-II mRNAを介して間接的に作用を及ぼす経路もあることが示唆された. 次に,5種類のヒト神経芽腫細胞の浸潤性と運動性,及びN-myc遺伝子の発現を変化させた時のこの両者の変化について検討した.SK-N-SHにはN-myc遺伝子の増幅は認められず,浸潤性も極めて低かった.しかし,神経芽腫細胞IMR-32,GOTOは,それぞれ15copy,12copyのN-myc遺伝子の増幅がみられ,浸潤性もSK-N-SHのそれぞれ9.1倍,8.8倍と極めて高い値を示した.また,細胞運動性はSK-N-SHの2.3-1.9倍を示した.10^<-5>M,72時間のRA処理を行うと,N-myc遺伝子の発現も細胞運動性も著しく低下し,同時に浸潤性にも低下が認められた.このように,N-myc遺伝子の発現,細胞運動性,並びに浸潤性は密接に関係していることがわかった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
神経芽腫群腫瘍 : 国際分類INPCによる by 日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会
9.
神経芽腫群腫瘍 : 国際分類INPCによる by 日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会