内分泌異常に伴う骨粗鬆化機序の研究 ホルモンと成長因子の関連を中心に

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

内分泌異常に伴う骨粗鬆化機序の研究 ホルモンと成長因子の関連を中心に

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the mechanism of osteopenia associated with abnormal endocrine conditions
責任表示:
JINGUSHI Seiya
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
正常ラットにおいて骨格系を構成する骨軟骨における、全身性因子である成長ホルモンと局所性の成長因子の関係について検討した。正常ラットにおいて成長ホルモンを全身性に投与して大腿骨局所におけるTGF-βの遺伝子発現を検討した。つまり、生後4週のラットにヒト成長ホルモンを4時間毎に0.4IU皮下注を6回行い、初回投与後より0、3、6、12、24時間の時点にて血清および大腿骨を採取した。大腿骨は塩酸グアニジンを用いてRNAを抽出した後、等量のRNAを電気泳動し、骨基質に含まれており骨代謝に関与するとされるトランスフォーミング成長因子(TGF-β)のcDNAプローブを用いてノーザンブロット法を行った。各時点での成長因子のmRNA発現量はバンドの放射活性を測定し、投与開始時と比較検討した。血清中成長ホルモンは投与開始後6時間でピークとなり以後減少を示したがこの経過の中で、大腿骨より抽出したTGF-β mRNAは投与開始後6時間までは軽度低下したが、12時間後には投与前のレベルにまで戻った。しかしながら有意な変化とはいえなかった。しかしながら、軟骨における成長因子の発現を観察すると、TGF-βは変動は少なかったが、インシュリン様成長因子(IGF-I)および塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)では経時的に増加した。さらにその変化は一般的に言われている成長ホルモンによるIGF-Iの変化よりbFGFの変化の方が大きかった。このことは軟骨細胞において成長ホルモンが局所において成長因子を介して一部には作用していることを示唆するものである。 内分泌異常を示すモデルとしての甲状腺機能低下ラットにおける骨折治癒過程を正常ラットの骨折治癒過程と比較検討した。メチマゾールを投与することで実験的に甲状腺機能低下を誘導したラットにおける骨折仮骨の機械的な強度、組織像、基質蛋白の遺伝子発現を検討した。甲状腺機能低下ラットにおける骨折仮骨では、機械的にひねりの強さは低下した。また組織学的には、軟骨形成と内軟骨性骨化が抑制されていた。さらに、基質蛋白の遺伝子発現をみると、骨形成の指標となるアルカリフォスファターゼ、オステオカルシンの発現が低下していた。これらのことは、甲状腺機能低下による骨形成能の低下を示している。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
ダイオキシン母体曝露による発達児の甲状腺ホルモンへの影響 by 服部, 友紀子; Hattori, Yukiko; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 田浦, 順樹; Taura, Junki; 黒木, 広明; …
7
骨粗鬆症と骨折予防 by 三木, 哲郎; 大内, 尉義
5
発生と成長因子・ホルモン by 日本比較内分泌学会
1.
ダイオキシン母体曝露による発達児の甲状腺ホルモンへの影響 by 服部, 友紀子; Hattori, Yukiko; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 田浦, 順樹; Taura, Junki; 黒木, 広明; …
3.
成長ホルモン・プロラクチンファミリー by 日本比較内分泌学会
5.
発生と成長因子・ホルモン by 日本比較内分泌学会
7.
骨粗鬆症と骨折予防 by 三木, 哲郎; 大内, 尉義