集中豪雨の研究の為の全降水粒子ビデオゾンデの試作

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

集中豪雨の研究の為の全降水粒子ビデオゾンデの試作

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of new type videosonde system for the study of torrential rain
責任表示:
高橋 劭(九州大学・理学部・教授)
TAKAHASHI Tsutomu(九州大学・理学部・教授)
T.Takahashi(九州大学・理学)

T Takahashi[高橋 劭](九州大学・理学部・教授)

全て表示
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
この研究は豪雨機構の研究のため豪雨雲内の降水粒子の分布を全降水粒子について求められるビデオゾンデを開発することを目的とした。直径200μmより大きい降水粒子についてはフラッシュ方式を採用、降水粒子が赤外線束を遮るとストロボが作動、フラッシュがたかれ、粒子映像を静止させてビデオカメラで撮影、1680MHzの搬送波を変調して地上に送信するものである。一方、雲粒子の粒度分布の測定のため新しく雲粒子ビデオゾンデの試作を行った。このビデオゾンデの原理はポンプで外気を吸い込み、透明なフイルム上に雲粒を捕捉、顕微鏡で撮影、CCDカメラの映像を地上に送信するものである。この雲粒子ビデオゾンデの特徴は、フイルムを流しながらフラッシュを作動して雲粒の映像を地上に送信するもので、フイルムの固定による外気の吸引では雲粒が次々と重なり見かけ上大きな雲粒が観測されるがこのフラッシュ方式の採用により雲粒粒度分布の測定誤差を最小限にすることが可能となった。室内実験でのビデオゾンデのテスト後、平成7年11月15日から1ヶ月間オーストラリア・メルヴィール島で行われたMCTEX国際プロジェクトに参加、降水粒子ビデオゾンデ16台、雲粒子ビデオゾンデ2台を雲内に飛揚することができた。ここでの雲はHectorと呼ばれ雲頂は18kmにも達し、強い雨と雷は想像を絶するものであった。我々のビデオゾンデで初めてHector雲の降水粒子の測定が行われ、氷晶域の異常な活発化、霰の融解に伴う雨滴のリサイクル、それに伴う大凍結氷の形成等が明らかになり10個/cm^2にも達する多くの氷晶数は雷活動の活発さを説明するものであった。 全降水粒子ビデオゾンデの試作とこれらの飛揚によるHector雲の降水粒子の測定は当初予定していた降水機構の解明に大きな成果があった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
ハワイのレインバンドの発生維持に関する研究 by 高橋 劭; TAKAHASHI Tsutomu; T Takahashi
4
赤道域・アジアモンスーンの降水機構の研究 by Takahashi T.; TAKAHASHI Tsutomu; 高橋 劭
5
メソ擾乱と雲の組織化と降雨機構 by Takahashi Tsutomu; TAKAHASHI Tsutomu; T・Takahash; T・Takahashi
3.
ハワイのレインバンドの発生維持に関する研究 by 高橋 劭; TAKAHASHI Tsutomu; T Takahashi
4.
赤道域・アジアモンスーンの降水機構の研究 by Takahashi T.; TAKAHASHI Tsutomu; 高橋 劭
5.
メソ擾乱と雲の組織化と降雨機構 by Takahashi Tsutomu; TAKAHASHI Tsutomu; T・Takahash; T・Takahashi