通気抵抗の高精度測定法の開発

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

通気抵抗の高精度測定法の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of accurate measurment of ventilation resistance
責任表示:
井上 雅弘(九州大学・工学部・助教授)
INOUE Masahiro(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
地下空間の通気模型として、立坑(長さ1m,直径190mmの円形断面)とその地表部(屋根)ならびに立坑底部につながる水平坑道(矩形断面)の模型を作成し、次の実験を行った。 1.屋根の形状を4種類作成し、それぞれの場合について風量と圧力損失の関係を測定し、通気抵抗を求めた。 2.立坑底部の形状を4種類作成し、それぞれの場合ならびに案内羽根を設けた場合について、同様に風量と圧力損失の関係を測定し、通気抵抗を求めた。 上記の実験から以下のことが明らかになった。 1.立坑の地表部に屋根がある場合、その形状が異なれば通気抵抗も異なり、抵抗は1255〜1915(Ns^2/m^8)程度まで変化した。形状を工夫すれば屋根がない場合とほとんど同じ通気抵抗を示す屋根が可能であることがわかった。 2.立坑底部の形状を変化させた場合、抵抗は556〜1114(Ns^2/m^8)程度まで変化した。立坑の坑底部分に接続する坑道の床面を同じ高さにした場合、坑底の1/4、2/4、3/4を斜めにした場合は、何もしない場合より抵抗が小さくなったが、全体を斜めにした場合はかえって抵抗が大きくなった。また案内羽をつけるとさらに抵抗が小さくなり明らかに効果的である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
ターボ機械翼端流れのアクティブ制御 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
4
三次元拡散制御翼の開発研究 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
12
FFTを用いた繰り返しパターン発見手法の提案 by 中藤, 哲也; Nakatoh, Tetsuya; 廣川, 佐千男; Hirokawa, Sachio
4.
三次元拡散制御翼の開発研究 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
9.
ターボ機械翼端流れのアクティブ制御 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
12.
FFTを用いた繰り返しパターン発見手法の提案 by 中藤, 哲也; Nakatoh, Tetsuya; 廣川, 佐千男; Hirokawa, Sachio