流動層における粉鉱石の還元モデルの開発(溶融還元製鉄法に関する基礎研究)

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

流動層における粉鉱石の還元モデルの開発(溶融還元製鉄法に関する基礎研究)

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of Reduction model of Ore Powder in a Fluidized Bed (Fundamental Research on lronmaking by Smelting Reduction)
責任表示:
小野 陽一(九州大学・工学部・教授)
ONO Yoichi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
本研究で得られた主な研究成果は以下の通りである。 1.熱天秤法を用いた粉鉱石単一粒子の還元速度の測定 流動層還元モデルで使用する速度定数の決定法として、熱天秤を用いる方法を開発した。0.1g以下の粉鉱石を白金バスケットに乗せて還元すれば、単一粒子の還元速度が求まることが分かった。 2.種々の銘柄の鉱石を用いた研究(粉鉱石の気孔率の影響) 試料として、工業用のMBR鉱石とカラジャス鉱石および試薬ヘマタイト粉を使用した。調査の結果、気孔率が10-20%の工業用鉱石では、粒径0.15mmの微粒子でも粒子内拡散抵抗は無視できないことが分かった。 3.流動層還元に及ぼす粉化の影響 流動層還元に伴う粉化による粒子径の減少並びに粉の飛び出しを考慮した還元モデルを作成した。粉化が原因で見かけ上還元速度が早くなることが分かった。 4.還元速度に及ぼす粉鉄鉱石の形状の影響の調査 大粒子径試料(球状、板状、円柱状)を作製して還元実験を行い、還元率曲線を得た。そのデータを解析して得られた速度定数は形状係数の値によって変化し、従来の形状係数を用いた補正法が必ずしも解析に使用できるとは限らないことが判明した。 5.粒子径分布を考慮した流動還元モデルの開発 上記モデルを開発し、層内で粒子偏析が認められる場合に上記のモデルが有効であることを明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
流動層工学 by 化学工学協会
8
流動層概論 by 千葉, 忠俊; 吉田, 邦夫
9
流動層ハンドブック by 日本粉体工業技術協会; 堀尾, 正靭; 森, 滋勝
10
流動層の反応工学 by 鞭, 巌
5
流動層 by 化学工学会東海支部
6
流動層 by 白井, 隆
5.
流動層 by 化学工学会東海支部
6.
流動層 by 白井, 隆
7.
流動層工学 by 化学工学協会
8.
流動層概論 by 千葉, 忠俊; 吉田, 邦夫
9.
流動層ハンドブック by 日本粉体工業技術協会; 堀尾, 正靭; 森, 滋勝
10.
流動層の反応工学 by 鞭, 巌