骨芽細胞ならびに破骨細胞における情報伝達機構

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

骨芽細胞ならびに破骨細胞における情報伝達機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Signal transduction in osteoblasts and osteoclasts.
責任表示:
古賀 敏生(九州大学・歯学部・教授)
KOGA Toshitaka(九州大学・歯学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
歯周疾患などの慢性炎症の遷延化に伴って認められる骨代謝調節の破綻に関連して、骨芽細胞および破骨細胞の細胞内情報伝達機構の解明をめざしている。これまで得られた主な所見は以下の通り要約される。 1.マウス骨髄培養系において、細菌リポ多糖(LPS)の破骨細胞形成に及ぼす影響を調べ、顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(CM-CSF)が関与することを明らかにした。2.上記の破骨細胞形成を調べる骨髄培養系においコロニー刺激因子(GM-CFS)が関与することを明らかにした。2.上記の破骨細胞形成を調べる骨髄培養系において、歯周病関連細菌3種の異なるタイプのLPS標品と合成リピドAは何れも破骨細胞形成に促進的であり、それぞれの効果はLPSのリピドA部分によって担われていることを示した。3.グルココルチルコイドの過剰量を長期間使用した際の副作用の一つとされている骨粗鬆症の病因に関連して、同じ骨髄培養系を用いて、デキサメサゾンが破骨細胞形成に促進効果を示し、この効果にはGM-CSFの産生抑制を介する機序が関与していることを明らかにした。4.マウス骨髄細胞と骨髄間質細胞株ST2との共存培養下で形成された破骨細胞様細胞を大量の成熟した細胞集団として純化し、この実験系を用いることによって、M-CSFおよびインターロイキン1(IL-1)が破骨細胞の延命効果に有利に働くことを明らかにした。5.骨基質中の増殖因子である塩基性腺維芽細胞成長因子(bFGF)が上記のマウス骨髄培養系やST2との共存培養系において破骨細胞様細胞の形成を抑制し,さらに同細胞による骨吸収(象牙片上での吸収窩の形成)を抑制することを見いだし、その機序の解析をおし進めた。6.株化骨芽細胞をIL-1で刺激する際、転写因子NF-κBの活性化が認められた。現在、上記4と同じ方法で純化した破骨細胞様細胞を用いてIL-1刺激によるNF-κBの活性化に関して予備実験的結果を得ている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
破骨細胞吸収型骨置換材の創製 by 松家 茂樹; MATSUYA Shigeki
6.
破骨細胞吸収型骨置換材の創製 by 松家 茂樹; MATSUYA Shigeki