変形性関節症における関節軟骨細胞に対する成長因子の影響 -関節軟骨修復の可能性について-

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

変形性関節症における関節軟骨細胞に対する成長因子の影響 -関節軟骨修復の可能性について-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
泉 敏弘(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
ヒト関節症関節軟骨より得られた軟骨細胞を用いてin vitroで成長因子を投与して、その軟骨基質蛋白産生、あるいは軟骨破壊に関連するサイトカインの増減を遺伝子レベルにて検討した。 細胞培養 ヒト関節軟骨より採取した関節軟骨細胞は培養において、ラット軟骨より培養が困難であったが、播種において細胞密度を3x10^4個/cm^2とすると可能であることが解り以下この条件で培養を行った。 関節症軟骨細胞におけるII型コラーゲン産生に対する成長因子の影響 正常関節軟骨及び関節症関節軟骨を手術時に採取し、コラゲナーゼ処理により細胞を遊離し上記の濃度にて播種することにより細胞培養を行った。これらの細胞に成長因子の一つである塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)を作用させ、軟骨特異的基質であるII型コラーゲンメッセンジャーRNA(mRNA)の発現をノーザンブロット法を用いて検討した。この培養条件下ではbFGF100ng/mlの濃度において正常軟骨細胞はII型コラーゲンメッセンジャーRNA(mRNA)を20%減少させたが、一方関節症軟骨細胞においては70%の減少を示した。 関節症軟骨細胞におけるIL-1の発現 正常関節軟骨及び関節症関節軟骨を手術時に採取し、コラゲナーゼ処理により細胞を遊離し上記の濃度にて播種することにより細胞培養を行った。これらの細胞にbFGFを作用させ、培養細胞よりRNAを抽出した。このRNAより逆転写によりcDNAを作製し、PCR(polymcrasc chain reaction)法を用いてサイトカインIL-Iの発現を検索した。bFGFを作用させない状況において関節症軟骨細胞は正常軟骨細胞より多くのIL-ImRNAを発現していた。さらにbFGFを作用させることでIL-ImRNAの発現は、関節症軟骨細胞において、より増強した。 これらのことは、関節症関節軟骨細胞が正常関節軟骨細胞と異なる動態を示すことを示唆している。また、関節症関節軟骨においてその変形のメカニズムにIL-Iが関与していることを示している。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
関節リウマチ・変形性関節症の軟骨変性における遺伝子発現の制御 by 岡崎, 賢; 岩本, 幸英; Okazaki, Ken; Iwamoto, Yukihide
12
変形性股関節症診療ガイドライン by 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会; 変形性股関節症ガイドライン策定委員会
5.
関節リウマチ・変形性関節症の軟骨変性における遺伝子発現の制御 by 岡崎, 賢; 岩本, 幸英; Okazaki, Ken; Iwamoto, Yukihide
12.
変形性股関節症診療ガイドライン by 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会; 変形性股関節症ガイドライン策定委員会