接着性レジンセメントと歯科用金属との接着耐久性の予測

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

接着性レジンセメントと歯科用金属との接着耐久性の予測

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Prediction of Joint Durability between Adhesive Resin Cement and Dental Alloy.
責任表示:
畦森 雅子(九州大学・歯学部・助手)
UNEMORI Masako(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1994
概要(最新報告):
歯科用金属と接着性レジンセメントの長期的な接着耐久性(接着寿命)を、接着剤中の拡散定数・最大吸水量、接着剤の応力拡大係数、および接着系の水の臨界吸水量(接着破壊が起こるときの接着剤中の吸水量)より予測する方法を確立するために以下の実験を行った。 60℃蒸留水中における4-META系レジンセメント(スーパーボンドC&B サンメディカル)の最大吸水量(3.69X10^<-3>g/cm^3)および拡散定数(42.6X10^<-9>cm/s)を求め、これらの値とFickの拡散の式より、所定時間における接着剤中の水の濃度分布曲線を求めた。さらにcompact tension試料を用い、ASTM規格に準じて本レジンセメントの応力拡大係数を求めたところ、162.8±14.0Kgfcm^<-3/2>であった。また、サンドラスト処理をした金銀パラジウム鋳造体同志を本レジンセメントで接着後、60℃蒸留水中に3日間浸せきし、引っ張り接着強度を求めたところ、265±14.0Kgfcm^<-3>であった。以上実験的に求めた接着強度の値、応力拡大係数および接着剤中の水の濃度分布曲線より、臨界吸水量を求めたところ、1.47X10^<-3>g/cm^3であった。この臨界吸水量と所定時間における吸水量の分布曲線、および破壊応力(σf)と応力拡大係数(K_<1C>)との関係式:σf=K_<1C>/(Q√√<a>)(Q:geometry factor a:破壊時のcrack length)から、各所定時間における接着強度の予測値を求めた。この予測値の信頼性を確認するために、サンドブラスト処理をした金銀パラジウム試料接着体を60℃蒸留水中に浸せきし、0日から8週までの各所定時間における接着強度を求め、先の予測値と比較したところ、予測値と実測値との間には良好な一致性が確認された。 以上の結果より、接着性レジンセメントの最大吸水量・拡散定数および応力拡大係数と初期の接着強度から長期的な接着強度を求める方法は、接着系の接着寿命を予測する方法として有効であることが示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
Diffusion coefficients of cetyl alcohol in supercritical carbon dioxide by Higashi, Hidenori; Iwai, Yoshio; Oda, Tsuyoshi; Murai, Kengo; Arai, Yasuhiko; 東, 秀憲; 岩井, 芳夫; 小田, 斉; 荒井, 康彦
11.
Diffusion coefficients of cetyl alcohol in supercritical carbon dioxide by Higashi, Hidenori; Iwai, Yoshio; Oda, Tsuyoshi; Murai, Kengo; Arai, Yasuhiko; 東, 秀憲; 岩井, 芳夫; 小田, 斉; 荒井, 康彦