逐次データに関する潜在構造解析に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

逐次データに関する潜在構造解析に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
岡崎 威生(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
潜在構造モデルを因子分析モデルに特定し、その現実問題として、調査票による社会調査をとりあげた。広領域にわたる社会調査においては、調査項目の増大が原因となって調査コストや回答の信頼性、回答拒否などの問題が生じている。そのため、調査項目の圧縮が求められる。 因子分析モデルでは、事象モデルに適合し適切な項目数の観測変数を得ることが必要であるが、モデルに対して完全なデータを入手することは困難であることが多い。そこで、データが逐次的に得られるものとして、各収集時点で次の観測変数の変更を許した解析法の構築した。すなわち、観測変数を逐次更新し、標本併合による完全データの復元をおこなった。因子分析の一般化されたモデルは共通因子間に相関を想定する直行モデルをもちいた。また、共通因子数は既知として、識別可能性の問題を考慮していない。 完全データに対する観測データの位置づけを、欠測ブロックを含むものとして、標本併合によりその欠測部分を補っていく。この併合を逐次的におこない、最終的に事象モデルの解析に必要な全観測変数をえる。欠測部分の補完は、EMアルゴリズムをもちいた。そして観測データを完全データに対する分割と考え、分割の条件を考察した。 最後にモンテカルロ法によるシミュレーションによって、この推定法の評価をおこなった。欠測ブロック間の相関が大きくなるに従って、完全データの復元が困難になる結果が得られた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
農産物直売所におけるマーケティング活動の効果に関する考察 by 里村, 睦弓; 木村, 務; 森高, 正博; 福田, 晋; Satomura, Mutsuyumi; Kimura, Tsutomu; Moritaka, Masahiro; Fukuda, Susumu
9
強風による住家被害率推定のばらつきに及ぼす影響因子の分析 by 友清, 衣利子; 前田, 潤滋; Tomokiyo, Eriko; Maeda, Junji
10
大学生を対象とした対人コミュニケーション尺度の開発 : 信頼性と妥当性 by 一宮, 厚; 福盛, 英明; 松下, 智子; Ichimiya, Atsushi; Fukumori, Hideaki; Matsushita, Tomoko
11
Factor analysis by Gorsuch, Richard L.
12
青年期の自己信頼感尺度作成の試み by 寺崎, 文香; Fumika, Terasaki
2.
農産物直売所におけるマーケティング活動の効果に関する考察 by 里村, 睦弓; 木村, 務; 森高, 正博; 福田, 晋; Satomura, Mutsuyumi; Kimura, Tsutomu; Moritaka, Masahiro; Fukuda, Susumu
4.
多変量解析における統計的数値計算法の研究 by 小西 貞則; KONISHI Sadanori
9.
強風による住家被害率推定のばらつきに及ぼす影響因子の分析 by 友清, 衣利子; 前田, 潤滋; Tomokiyo, Eriko; Maeda, Junji
10.
大学生を対象とした対人コミュニケーション尺度の開発 : 信頼性と妥当性 by 一宮, 厚; 福盛, 英明; 松下, 智子; Ichimiya, Atsushi; Fukumori, Hideaki; Matsushita, Tomoko
11.
Factor analysis by Gorsuch, Richard L.
12.
青年期の自己信頼感尺度作成の試み by 寺崎, 文香; Fumika, Terasaki