肥満細胞における分泌気候と核内及び細胞質カルシウム濃度の関連についての研究

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

肥満細胞における分泌気候と核内及び細胞質カルシウム濃度の関連についての研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
平嶋 尚秀(九州大学・薬学部・助手)
平嶋 尚英(九州大学・薬学・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993
概要(最新報告):
1.エクソサイトーシスにおいて重要な役割を果たしている細胞内のCa濃度を細胞質領域と核領域に分けて測定した。1個の細胞内Ca濃度の測定は、Ca濃度感受性蛍光色素Fluo-3を用い、画像処理装置付きの蛍光顕微鏡及び共焦点レーザー顕微鏡を使って観察した。 (1)細胞内Ca濃度の振動:0.1mug/mlのcompound48/80で刺激したラット腹腔肥満細胞の細胞質と核質の両方でCa濃度の振動が観察された。 (2)細胞内Ca濃度の一過性の上昇:1mug/mlのcompound48/80では、Ca濃度振動は観察されず、一過性のCa濃度上昇のみが観察された。このことは細胞質と核質の両方で観察されたが、核質のCa濃度の方が細胞質より高くなった。 2.エクソサイトーシスと細胞内Ca濃度の上昇をそれぞれキナクリンとCa感受性蛍光色素を用いて同時に測定した。 (1)細胞内Ca濃度振動とエクソサイトーシスの関係:細胞内Ca濃度振動は見られたがエクソサイトーシスに伴うキナクリンの蛍光の減少は見られなかった。従って、Ca濃度振動とエクソサイトーシスには相関がないことがわかった。 (2)細胞内Ca濃度の一過性の上昇:一過性のCa濃度上昇の後にエクソサイトーシスによるキナクリンの蛍光の減少が観察された。Ca濃度の上昇以前にエクサイトーシスがおこることはなかった。 3.エクサイトーシスに対する外液Ca濃度の影響 細胞外のCaをEOTAでキレートして、細胞外のfree Ca濃度を低くしても細胞内の一過性Ca濃度上昇はおこり、かつエクソサイトーシスも観察された。 以上のことより、エクソサイトーシスは細胞内Ca濃度振動とは関係なく、一過性のCa濃度上昇と相関がること。そしてその一過性のCa濃度上昇は細胞内のCaストアからのCaだけでもおこり、かつエクソサイトーシスを惹起するに十分であることが明かとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
心筋細胞内カルシウム濃度調節機転 by 野間 昭典; NOMA Akinori
3
Overexpression of p16^〈INK4a〉 in Mastocytosis (Urticarial Pigmentosa) by Tsujita, Jun; 辻田, 淳; Doi, Kazuko; 土井, 和子; Nakahara, Makiko; 中原, 真希子; Nakahara, Takeshi; 中原, …
1.
心筋細胞内カルシウム濃度調節機転 by 野間 昭典; NOMA Akinori
3.
Overexpression of p16^〈INK4a〉 in Mastocytosis (Urticarial Pigmentosa) by Tsujita, Jun; 辻田, 淳; Doi, Kazuko; 土井, 和子; Nakahara, Makiko; 中原, 真希子; Nakahara, Takeshi; 中原, …