地球生態系における物質循環のモデリング

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

地球生態系における物質循環のモデリング

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Modeling the Chemical Substance Circulation in Geophysical and Biological Sphere
責任表示:
植田 洋匡(九州大学・応用力学研究所・教授)
UEDA Hiromasa(九州大学・応用力学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1993-1995
概要(最新報告):
本研究では、マスターモデルを中心に人為起源物質等の発生源データなどソフトを整備すると共に、これらを組み込んだワークステーションとネットワークシステムなどのハード面を完成させた。 1.データセットの整備:大気、海洋、陸上生態系モデルに必要なデータセット(地理、気象全球解析、海洋大循環データ、植生・土壌分布など)の整備を引き続き行った。 2・要素モデルの検証と地球生態系総合モデルの構築:大気、海洋、陸上生態系それぞれの物質循環モデル(要素モデル)について、以下の数値シミュレーションを実施して妥当性の検証を行い、要素モデルを統合して「地球生態系総合モデル(マスターモデル)」を構築した。 (1)大気中物質循環モデルを用いて、東アジアでの対流圏オゾン、酸性雨の数値シミュレーションを実施した。 (2)海洋中物質循環モデルを用いて、インド洋での拡散場の数値実験を行った。 (3)陸上生態系物質循環モデルについては、土壌中での亜酸化窒素N20、メタンCH4の生成をモデル化し、陸上植生のモデルと組み合わせて、CO2、N20、CH4の排出量の日変化、季節変化をシミュレートしたうえ、これと大気中物質循環モデルとを組み合わせ て、CO2、N20、CH4の全球的な拡散と南・北半球での濃度の季節変化をシミュレートした。 (4)各要素モデルによるシミュレーション結果をもとに、大気、海洋、陸上生態系間の相互作用を考察し、これをモデル化して「地球生態系総合モデル」(マスターモデル)を完成させた。 3.温室効果ガスの排出削減効果のシミュレーション:二酸化炭素、メタンを対象にマスターモデルの感度解析を行い、簡易モデルをえた。最後に、これらの物質の排出量が削減された場合の、大気中濃度の将来予測(年間増加率)を行った。 4.報告書執筆 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
気候変動下における暑中コンクリート工事適用期間の予測方法 by 松本, 侑也; 小山, 智幸; 小山田, 英弘; Matsumoto, Yuya; Koyama, Tomoyuki; Koyamada, Hidehiro
12
酸性化する地球 by 広瀬, 弘忠
11.
気候変動下における暑中コンクリート工事適用期間の予測方法 by 松本, 侑也; 小山, 智幸; 小山田, 英弘; Matsumoto, Yuya; Koyama, Tomoyuki; Koyamada, Hidehiro
12.
酸性化する地球 by 広瀬, 弘忠