新規高選択的蛍光反応によるグアニン含有核酸関連物質の一斉高感度分析法の開発

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新規高選択的蛍光反応によるグアニン含有核酸関連物質の一斉高感度分析法の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Simultaneous and sensitive analytical methods of guanine-containing nucleic acid-related compounds by means of new selective fluoresence reaction
責任表示:
甲斐 雅亮(九州大学・薬学部・助手)
KAI Masaaki(九州大学・薬学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本研究では,当研究代表者らが既に発見しているフェニルグリオキサール(PGO)試薬を基盤として,グアニン,そのヌクレオシド及びヌクレオチドの蛍光誘導体化反応及び化学発光反応の諸条件について検討し,以下の研究成果を得た. 1.グアニン関連化合物はPGO試薬と反応し,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)において各単一の蛍光ピークとして分離,蛍光検出できた.このプレカラム誘導体化HPLCによるグアニンヌクレオシ(チ)ドの検出下限(S/N=3)は140-720fmol/HPLC注入量であり,ラット脳組織及びヒト赤血球内のグアニンヌクレオシ(チ)ド類の一斉定量が可能であった.また,PGO試薬を二本鎖DNAのグアニン-シトシン塩基対の精密計測へ適用した. 2.PGO試薬はそれ自身無蛍光性であるので,HPLCにおけるポストカラム蛍光誘導体化検出反応に適用可能であった.検出下限(S/N=3)は3-10pmol/HPLC注入量であった.この方法により,生体試料(ヒト赤血球)中のグアニンヌクレオチド類を容易に計測できた. 3.PGO試薬を化学修飾した結果,より高感度な蛍光試薬3,4-ジメトキシPGO試薬を開発した.この試薬は,PGO試薬の場合よりも,より迅速かつ穏和な反応条件によりグアニンヌクレオシ(チ)ド類を蛍光体に導くことができ,検出感度も約4倍高めることが可能であった. 4.PGO試薬によるグアニンヌクレオシ(チ)ドの蛍光反応により生じた蛍光生成物はジメチルホルムアミド存在下,リン酸塩緩衝液のpHを弱アルカリ性へ導くと,強く発光した.蛍光法よりも約20倍高感度なグアニンヌクレオシ(チ)ド類の新規の化学発光分析法を開発した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
マツタケ子実体発生におよぼす核酸関連物質の効果 by 大賀, 祥治; 具, 昌徳; 金, 載水[他]; Oga, Shoji; Koo, C-D.; Kim, J-S.
10
レーザー多光子イオン化法による超高度分析 by 小川 禎一郎; Ogawa Teiichiro
5
液体表面高感度分析装置の試作 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro
5.
液体表面高感度分析装置の試作 by 小川 禎一郎; OGAWA Teiichiro
9.
マツタケ子実体発生におよぼす核酸関連物質の効果 by 大賀, 祥治; 具, 昌徳; 金, 載水[他]; Oga, Shoji; Koo, C-D.; Kim, J-S.
10.
レーザー多光子イオン化法による超高度分析 by 小川 禎一郎; Ogawa Teiichiro