生理活性ペプチド、エンドセリンの合成酵素(エンドセリン変換酵素)の精製と構造決定

閲覧数: 19
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

生理活性ペプチド、エンドセリンの合成酵素(エンドセリン変換酵素)の精製と構造決定

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Purification and structure analysis of endothelin-converting enzyme.
責任表示:
高柳 涼一(九州大学・医学部・講師)
TAKAYANAGI Ryoichi(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
1.フタ大動脈内膜(内皮)からのエンドセリン変換酵素の可溶性と単離 エンドセリン(ET)変換酵素の本体は金属プロテアーゼ阻害剤であるホスホラミドンに感受性のプロテアーゼであることが判明しているが、内皮以外の組織ではbigET-1を非特異性に切断する他のプロテアーゼが多量に含まれていることが明らかとなった。出芽材料をブタ大動脈内膜(内皮)とすることで、費用、時間の節減と共に従来でのクロマトグラフィー法での精製法を確立することに成功した。即ち、約2000本の大動脈より剥離した内膜から、SDS・ポリアクリルアミド電気泳動上、120KDaの単一バンドとなる酵素標品を得た。膜分画に比べ約12,000倍の精度であった。 2.精製エンドセリン変換酵素の性質 精製標品の至適pHは6.8から7.4の間にあり、極めて狭いことが特徴であった。活性はEDTA、1,10-フェナトロリン、ホスホラミドンで強く阻害されたが、チオルファンでは阻害されず、培養内皮細胞で検討されたエンドセリン変換酵素の性質に良く一致していた。bigET-1に対するKmは3.3μM、Vmaxは0.41μmol/min/mg proteinであった。また、bigET-1誘導体を用いた実験より、bigET-1のTrp^<21>とHis^<27>-Gly^<34>が基質認識に重要であることが判明した。 3.ヒトエンドセリン変換酵素(ECE)のcDNAクローニング ウシECEのcDNAをプローブとしてヒトECE-1cDNAをクローニング、全構造を決定した。また、CHO-K1細胞に発現させてECE-1の活性を指標にECE阻害活性を持つ[F^<21>]bigET-1(18-34),[A^<31>]bigET-1(18-34)を同定した。 続きを見る
本文を見る

類似資料: