顎関節の3次元画像構築による関節円板動態の分析研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

顎関節の3次元画像構築による関節円板動態の分析研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Three-dimensional analysis of the temporomandibular joint disk position and configulation
責任表示:
田畑 修(九州大学・歯学部・助手)
TABATA Osamu(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
顎関節症,なかでも顎関節内障の病態把握は,最近の顎関節造影法や顎関節鏡視法,さらにCT,MRI等の画像診断法により解明されつつある。しかし,末だに画像の正確な評価,理解が十分になされていない。特に,関節円板の内外側転位については,未だ不明な点が多い。そこで,本研究では 1.ヒト乾燥頭蓋骨に,疑似関節円板を装着した顎関節ファントムを用いてCT像およびX線断層象を作製した。 2.作製された2次元画像を用いて3次元画像解析装置(コスモゾーン2SB;ニコン社製)により,3次元画像を再構築した。 3.関節円板の位置を正常位置,前方転位,内外側転位および前内外側転位させて,2次元画像と3次元再構築画像とで比較分析し,3次元構築像の評価を行った。 4.その結果,3次元画像はいずれの円板位置においても有用であり,特に内外側転位および前内外側転位の診断において有効であった。また,3次元画像の観察方向としては,上方からの画像が診断情報が多かった。 5.これらの結果については,第12回日本画像医学会(東京,1993年)において報告した。 6.さらに臨床症例(133名)の顎関節造影断層像より3次元画像を再構築し,顎関節円板の位置および形態について検討した。その結果,顎関節円板の位置は84%で前方転位していた。 内外側転位はわずかに1例(5%)にみられただけであるが,前内外側転位は29%にみられた。また顎関節円板の形態は,75%の症例で変形がみられた。 今後,顎関節円板の大きさ,顎関節円板と下顎頭との関係および骨変化の分析等にも,この方法を活用してゆく予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
三次元頭部CT画像を用いた顎口腔機能4次元表示システムの構築 by 中島 昭彦; NAKASIMA Akihiko; 寺嶋 雅彦; TERAJIMA Masahiko
11
顎関節内障の画像診断学的分析 by 田畑, 修; TABATA, O
10.
三次元頭部CT画像を用いた顎口腔機能4次元表示システムの構築 by 中島 昭彦; NAKASIMA Akihiko; 寺嶋 雅彦; TERAJIMA Masahiko
11.
顎関節内障の画像診断学的分析 by 田畑, 修; TABATA, O