サイトカイン遺伝子移入腫瘍細胞を用いた肝動脈注入療法

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトカイン遺伝子移入腫瘍細胞を用いた肝動脈注入療法

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
渡辺 大介(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
渡邉 大介(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本年度は基礎的検討として、以下の実験結果を得た。 1.遺伝子組み換え体の作製 IL2cDNA及ずTNFcDNAを、cytomegarovirus promotorを持つ、真核細胞発現ベクターpRc/CMVに組み換え遺伝子組み換え体を作製した。 2.遺伝子移入における手技の確立 Interleukin2[IL2]cDNAをpRc/CMV plasmid vectorに組み換え、ヒト胃癌株化細胞MKN-28にChen-Okayama法を用いて、transfectionした。その結果、21クローンを得、約30〜60日の間、培養上清中にIL2蛋白を分泌することを確認した。その際、確かに移入細胞にIL2cDNAがtransfectされていることをPCR法にて確認した。 3.VX2腫瘍由来のcell lineの樹立 ウサギの肝臓で継代移植されているVX2腫瘍をin vitroの培養系に移して細胞株を樹立し、gene transfectionを試みるとともに、VX2細胞におけるTNF,IL2,IFNのcytotoxicityをコロニー形成率やMTTassayをもちいて検討した。 初年度に達成されたこと 1. IL2及びTNF-cDNAのpRc/CMV plasmid vectorへの組み替え体の作成 2. IL2/pRc/CMVを胃癌細胞株MKN-28にChen-Okayama法にてtransfectionすることでtransfection efficiency,gene expression efficiency,gene expression stability,protain analysisを解析することができた。 3.家兎継代VX2腫瘍のcell line化とその各種サイトカインに対する感受性の測定 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
HLAクラスII遺伝子の異所性発現調節機構 by 木村 彰方; KIMURA Akinori
5.
HLAクラスII遺伝子の異所性発現調節機構 by 木村 彰方; KIMURA Akinori