凝固第XIII因子Aサブユニット遺伝子多型の臨床応用ならびにその欠損家系の遺伝子解析

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

凝固第XIII因子Aサブユニット遺伝子多型の臨床応用ならびにその欠損家系の遺伝子解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Clinical application of polymorphisms in coagulation factor XIII A subunit gene and molecular analysis of the patients with its deficiency.
責任表示:
岡村 孝(九州大学・医学部・助手)
OKAMURA Takashi(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
凝固第XIII因子Aサブユニット(FXIIIA)のcDNAを用いsouthern blotで正常人95例のRFLP解析を各種制限酵素で行い、現在までに報告されているHind III,Bam HIおよびTaq I部位に加えて2ヵ所のPvuII部位を同定した。これは、Intron Dに存在する7.6kbと7.0kbbandならびにIntron Iに存在する6.4kbと6.0kb bandである。それぞれのallele frequencyは0.66/0.34および0.46/0.56であった。このRFLPを利用してFXIIIA欠損家系の保因者診断が可能であり、また同種骨髄移植後の生着確認にも利用可能である。 次に、FXIIIA欠損症2家系の遺伝子解析を施行した。2例とも血族結婚を有し、FXIIIA抗原活性ともに測定感度以下の欠損症である。患者単球からRNAを抽出し、FXIIIAcDNAをprobeとしてNorthern blotを施行した結果、正常および単球系白血病細胞株U937からのFXIIIAmRNAと同長のmRNAを発現していることが判明した。また、FXIIIA遺伝子のExon2-15をPCR法で増幅した結果、それぞれのExonも正常と同長の産物が得られた。よって、2例のFXIIIA欠損症の異常遺伝子はpoint mutationや数塩基までのdeletion/insertionであることが推測された。患者mRNAをRT-PCR法で、またそれぞれのExonをPCR法で増幅してPlasmid vector PUC19に組み込み塩基配列を決定した。症例1では、cDNA番号212および213の、遺伝子ではExonIIIの5'未端のAG2塩基欠損がみられ、このため、frameshiftをきたし6塩基下流でTAAのstop codonが形成されFXIIIA欠損症を発症していることが解明された。同家系の遺伝子解析において患者第一子のheterozygosityが証明された。症例2では、cDNA番号866G→A(Exon IV)がみられアミノ酸では260Arg→His置換がみられた。この置換は、新しく形成された制限酵素NlaIII部位の検討から正常人では見られず、FXIIIA欠損症と関連があるものと思われるが、このような一アミノ酸置換が蛋白の欠損を来す機序については不明であり今後の解明が待たれる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
単一遺伝子病の分子・細胞生物学的研究 by 多田 啓也; 勝木 元也
6
ALDH2遺伝子多型と臨床医学 by 吉原, 達也; 笹栗, 俊之; Yoshihara, Tatsuya; Sasaguri, Toshiyuki
6.
ALDH2遺伝子多型と臨床医学 by 吉原, 達也; 笹栗, 俊之; Yoshihara, Tatsuya; Sasaguri, Toshiyuki
9.
単一遺伝子病の分子・細胞生物学的研究 by 多田 啓也; 勝木 元也