ラット用脳温度可変装置の開発ならびに応用-脳温度と脳循環代謝についての実験的研究-

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラット用脳温度可変装置の開発ならびに応用-脳温度と脳循環代謝についての実験的研究-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effect of Selective Brain Hypothermia on Regional Cerebral Blood Flow, Brain Tissue Metabolites and Neurotransmitter Release in Spontaneously Hypertensive Rats
責任表示:
井林 雪郎(九州大学・医学部・助手)
IBAYASHI Setsuro(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
前年度までは、ラット用選択的脳温度可変装置を応用し、脳温度と脳循環代謝(局所脳血流量、脳組織代謝)の関係を検討した。その結果、高血圧自然発症ラット(SHR)の脳虚血モデルでは、虚血60分後の大脳皮質血流量は前値の10%以下に低下し、30℃群では36℃群に比し乳酸値の増加、ATPの減少が抑制されており、低脳温の脳代謝保護作用が認められた。 そこで最終年度は、脳温度と脳内神経伝達物質の変動をみる目的で、19-23ヶ月齢の雌性老齢SHRを用いて20分間の脳虚血モデルを作製後、海馬の体温を36℃、33℃または30℃に設定し、in vivo brain dialysis法により脳局所における各種神経伝達物質(Glu、Asp、Gln、Tau、GABAなどのアミノ酸)を測定した。 36℃群では、脳虚血負荷により、Glu(グルタミン酸)、Asp(アスパラギン酸)、Gln(グリシン)はそれぞれ虚血前の6、5、2倍に増加したが、低脳温群ではほとんど上昇しなかった。またTau(タウリン)、GABAの増加も、脳温度を下げることで有意にその増加が抑制された。さらに7日後に、上記ラットの海馬CA1領域神経細胞の病理学的変化を観察したところ、30℃群では他2群に比し、明らかに神経細胞の脱落(壊死)が少なかった。 以上の結果は、低脳温が脳虚血後の神経伝達物質の過剰放出と神経細胞障害を抑制し、やはり神経細胞保護作用を有することが明らかとなった。これらの基礎的研究は、将来の急性期脳血管障害の治療の一助となる可能性を秘めている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
脳血管性痴呆の疫学と病態生理に関する研究 by 藤島 正敏; FUJISHIMA Masatoshi
7
痴呆に関する薬理学的研究 by 植木 昭和; UEKI Showa
1.
脳血管性痴呆の疫学と病態生理に関する研究 by 藤島 正敏; FUJISHIMA Masatoshi
7.
痴呆に関する薬理学的研究 by 植木 昭和; UEKI Showa