水理・水文学へのファジィ理論の応用

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

水理・水文学へのファジィ理論の応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
APPLICATION OF FUZZY THEORY FOR HYDRAULICS AND HYDROLOGY
責任表示:
四ヶ所 四男美(九州大学・農学部・助教授)
SHIKASHO Shiomo(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
1.代表的な流出解析法である単位図法,貯留関数法,タンクモデル法を対象に,それらのモデルに含まれるパラメータの同定にファジィ線形回帰モデルを適用した。同定結果は実用的に十分満足するものであり,とくに,パラメータに関する経験的知識,降雨や流量のデータ数や誤差などを考慮できることが,本同定法の特長といえる。 2.排水施設の管理手法を確立するために,実流域における排水施設管理の現状を調査しこれらの制御規則を「IF〜AND〜THEN〜」形式で排水計算モデルに組み込み,数値実験による検討から,ファジィ推論による排水施設管理の有効性を示した。さらに,排水解析においては,排水計算に長い時間を必要とする問題を解消するため,計算の効率化にファジィ推論を適用する方法についても言及した。 3.干拓地の排水門周辺の流れを対象に,平面および鉛直2次元流れを十分な精度で測定するとともに,これらの流れの数値解析コード作成のため,既往の数値解析プログラムの改良に加えて,定性推論とファジィ推論を導入し,計算の効率化を目的に実測値との検証を検討中である。 4.ニューラルネットワークモデルとして3層パーセプトロンモデルを用いて河川流量や水質の解析を行った。正統的には水理学の基礎方程式から出発する物理的な手法によるべきであるが,実時間でのオンライン予測のように時間的な制約条件のもとでは簡単な予測モデルが望まれ,その点,ブラックボックス的ではあるがパーセプトロンモデルは有効な方法であることが実測値との検証で明らかになった。 5.ファジィ理論やニューロ技術を水理・水文学の分野へ適用していくには,教師データによる学習法の確立,非線形関数の極値探索法の研究の進展を痛感した。この問題への対応として遺伝的アルゴリズムが有効な手法として期待でき,今後この方面の研究を進めていきたい。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
山地小流域における雨水の移動と流出現象に関する研究 by 四ケ所 四男; SHIKASHO SHIOMI; 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美
7
降雨流出系の確率システム理論的研究 by 四ケ所 四男美; SHIKASHO Shiomi
8
A New Approach to Lotka-Volterra Model using Fuzzy Inference for Symbiosis Phenomena by Kusumi, Naohiro; Hirasawa, Kotaro; Hu, Jinglu; Takesue, Masaaki
10
電子計算機のための数値解析の理論と応用 by Ralston, Anthony; Rabinowitz, Philip; 戸田, 英雄; 小野, 令美
1.
山地小流域における雨水の移動と流出現象に関する研究 by 四ケ所 四男; SHIKASHO SHIOMI; 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美
7.
降雨流出系の確率システム理論的研究 by 四ケ所 四男美; SHIKASHO Shiomi
8.
A New Approach to Lotka-Volterra Model using Fuzzy Inference for Symbiosis Phenomena by Kusumi, Naohiro; Hirasawa, Kotaro; Hu, Jinglu; Takesue, Masaaki
10.
電子計算機のための数値解析の理論と応用 by Ralston, Anthony; Rabinowitz, Philip; 戸田, 英雄; 小野, 令美