多孔質球状タンニン樹脂吸着剤の各種クロマトグラフィー用樹脂への変換

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

多孔質球状タンニン樹脂吸着剤の各種クロマトグラフィー用樹脂への変換

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
山口 東彦(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992
概要(最新報告):
市販ミモザタンニン粉末に含まれる非タンニン成分を除くために、市販タンニンをアルカリで処理することによって非タンニン成分を加水分解した後、酢酸エチルでタンニンを抽出精製した。精製タンニンの水溶液とホルムアルデヒドとの反応により、多孔質性の異なる無処理球状タンニン樹脂(タンニン濃度38.0%、43.5%、50.0%)を調製した。また、この精製タンニンのスルホン化物、カルボキシル化物、アミノ化物、およびトリクロロ酢酸によってフラボノイド骨格のベンジルエーテル環を解裂したトリクロロ酢酸処理タンニンを調製し、これらの前処理タンニンとホルムアルデヒドとの反応によりそれぞれ38.0%濃度の樹脂を調製した。 上記各種タンニン樹脂のうち無処理タンニンからの球状樹脂を用いて、現在、タンパク質あるいはフェノール樹脂を試料としてサイズ排除クロマトグラフィー用樹脂としての性能についての検討を行っている。すなわち、種々のpHあるいはイオン強度の緩衝溶液に溶解したタンパク質やフェノール樹脂を、カラムに充填した球状樹脂に対して注加し、同じ緩衝溶液を溶離液として流下させた。タンパク質は、一部樹脂に吸着される為分画条件の検討が必要であるがフェノール樹脂は分画できる。今後、ほかの樹脂によるイオン交換あるいはアフィニティークロマトグラフィーなどについても検討する。なお、この研究費交付認定が10月下旬だった為、現段階で研究は余り進んでいないが、今後も継続して研究する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
吸着および吸着剤 by Mantell, C. L.; 加納, 久雄; 柳井, 弘
1.
吸着および吸着剤 by Mantell, C. L.; 加納, 久雄; 柳井, 弘