クラフトパルプの酵素漂白に関する研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

クラフトパルプの酵素漂白に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study on the enzymatic bleaching of kraft pulp
責任表示:
近藤 隆一郎(九州大学・農学部・助教授)
KONDO Ryuichiro(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
クラフトパルプの酵素漂白プロセスを確立するために、強力なリグニン分解酵素を産出する高活性クラフトパルプ漂白菌の探索を行った。九州大学農学部地方演習林(北海道,福岡,宮崎)および屋久島、石垣島、西表島を中心として、野外より約2000点の腐朽材を集めた。腐朽材より木材腐朽菌250株の純粋分離に成功し、すべての菌株を未晒クラフトパルプに接種した。短期間で顕著な漂白効果が認められる2菌株、Ks-62株,YK-624株の分離に成功した。 これらの菌株により酵素漂白が可能かどうか検討するために、メンブランフィルターを用いた培養法を考案した。これは菌糸とクラフトパルプが直接接触することなしに、菌体外酵素系のみがパルプに作用できる培養系である。このin vitro処理により、YK-624株は、5日間の処理で白色度を約22ポイント上昇させ、既知菌株であるカワラタケやPhanerochaete chrysosporiumに比べて顕著な効果を示した。 この培養法における菌体外リグニン分解関連酵素活性を測定した結果、リグニンペルオキシダーゼ,フェノールオキシダーゼ活性は、ほとんどみられず、マンガンペルオキシダーゼ活性が顕著であり、白色度の上昇と明確な関連性が認められた。 即ち、本研究により、白色腐朽菌によるクラフトパルプの白色化に寄与しているのは、マンガンペルオキシダーゼであることが明らかとなり、クラフトパルプの酵素漂白プロセス確立のための基礎資料を得ることができた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
Studies on the Treatment of Kraft Bleaching Effluents with Lignin-degrading Fungi by 李, 宣鎬; 近藤, 隆一郎; 坂井, 克己; Lee, Sen-Ho; Kondo, Ryuichiro; Sakai, Kokki
10
尿中ジアセチルスペルミンと油症に関する検討 by 柴田, 智子; Shibata, Satoko; 徳永, 章二; Tokunaga, Shoji; 古江, 増隆; Furue, Masutaka
11
厚生省心身障害研究臍帯血等のダイオキシン類濃度に関する研究研究報告書 by 森田, 昌敏; 厚生省心身障害研究臍帯血等のダイオキシン類濃度に関する研究班
2.
Studies on the Treatment of Kraft Bleaching Effluents with Lignin-degrading Fungi by 李, 宣鎬; 近藤, 隆一郎; 坂井, 克己; Lee, Sen-Ho; Kondo, Ryuichiro; Sakai, Kokki
10.
尿中ジアセチルスペルミンと油症に関する検討 by 柴田, 智子; Shibata, Satoko; 徳永, 章二; Tokunaga, Shoji; 古江, 増隆; Furue, Masutaka
11.
厚生省心身障害研究臍帯血等のダイオキシン類濃度に関する研究研究報告書 by 森田, 昌敏; 厚生省心身障害研究臍帯血等のダイオキシン類濃度に関する研究班