Bacillus cereus 嘔吐毒検査法の確立とその産生機構の解明

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bacillus cereus 嘔吐毒検査法の確立とその産生機構の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Detection of Bacillus cereus heat-stable toxin
責任表示:
宮本 敬久(九州大学・農学部・助手)
MIYAMOTO Takahisa(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
1.Int407細胞、HEp-2細胞を用いて嘔吐毒の引き起こす空胞化について調べた。B.cereus嘔吐毒産生株を食中毒の原因食品となる米飯、スキムミルクを培地として培養すると嘔吐毒の産生は高かった。これらの構成成分であるアミロペクチン、カゼインなどをHI培地に加えて培養しても嘔吐毒の産生は米飯、ミルクなどと同程度まで増加した。 2.窒素源として硫安だけを含むAYPSで振盪培養してもB.cereusは増殖したが、空胞化因子の産生は低かった。これにグルコースを0.5%添加した場合には培養24時間目でも空胞化活性は64〜128と高くなった。しかし、グルコースの代わりにガラクトースやラクトースを加えても空胞化活性は24,48時間目ともに低かった。このグルコースの添加により空胞化因子の産生が増加した結果は、空胞化因子とグルコースあるいはグルコースの代謝産物との関連を示唆するものと考えられる。 2.0.5%グルコースを含むAYPS培地で、B.cereusの胞子形成と空胞化因子の産生に対する通気の影響を調べた。振盪培養し、十分な通気の下で培養すると培養4時間目から空胞化因子が検出され、8時間目には力価が64と最大となったが、静置培養では、空胞化因子は24時間目から検出され、48時間目には力価は32と高くなった。胞子形成率は、振盪培養24時間目で38%、静置培養では、48時間目でも4%と低かった。このように胞子形成には十分な通気が必要であるが、空胞化因子の産生には必要ではないと考えられる。 3.空胞化因子の精製を試みた結果、空胞化因子の精製には、硫安沈澱、n-ブタノール抽出、ODSカートリッジによる処理、C_<18>カラムによる逆相クロマトグラフィーが効果的であった。完全には精製されていないが、本空胞化因子の本体は蛋白質であると考えられる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
細菌のセプタ形成阻害に関する基礎研究 by 宮本 敬久; MIYAMOTO Takahisa
4
B.cereusの胞子形成初期過程に関する基礎研究 by 波多野 昌二; HATANO Shoji; 宮本 敬久
3.
細菌のセプタ形成阻害に関する基礎研究 by 宮本 敬久; MIYAMOTO Takahisa
4.
B.cereusの胞子形成初期過程に関する基礎研究 by 波多野 昌二; HATANO Shoji; 宮本 敬久
11.
サルモネラ菌迅速高感度検出のための基礎研究 by 宮本 敬久; TAKAHISA Miyamoto