ポリグルタミン酸産生遺伝子の構造とその機能解析

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリグルタミン酸産生遺伝子の構造とその機能解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Structure and function of gamma-polyglutamate gene in Bacillus subtilis(natto)
責任表示:
原 敏夫(九州大学・農学部・助教授)
HARA Toshio(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
近年、微生物由来バイオポリマーがその易分解性あるいは機能性から脚光を浴びている。γ-ポリグルタミン酸(γ-PGA)はグルタミン酸のみから構成されるホモポリマーで、納豆菌が生産するγ-PGAはD型とL型のグルタミン酸からなる。本課題で、納豆菌の粘質物の主体であるγ-PGAの生成は納豆菌が保持するプラスミド上にコードされている蛋白質の正の支配を受けることを明らかにした。納豆菌をクエン酸で培養すると、細胞内に生成するグルタミン酸の大部分はD型で、細胞膜ペプチドグリカンの構成アミノ酸であるD型グルタミン酸合成系とγ-PGA合成系の連関が強く示唆された。一方、γ-PGA分解菌の探索を行う過程で、糸状菌が生産するγ-PGA分解酵素がL型のγ-PGAのみ分解し、反応残液中にD型のγ-PGAが高分子状で残存することを認めた。これまで2種類のγ-PGA分解酵素を単離、精製したが、いずれもエキソ型で、L型のγ-PGAのみを分解し、D型のγ-PGAは分解しなかった。したがって、γ-PGAはD型とL型の二つの独立したPGAポリマーからなる共重合構造を有し、D型とL型のグルタミン酸を基質とする二種類のγ-PGA合成酵素の存在が示唆される。 本課題によりγ-PGA生合成系が解明され、酵素法により生分解性プラスチックの原料としてγ-PGAが供給されるようになれば、現在、緊務の課題である地球環境問題にも大きく貢献できるものと信ずる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
バンド3蛋白質の構造と機能解析 by 濱崎 直孝; HAMASAKI Naotaka
1.
バンド3蛋白質の構造と機能解析 by 濱崎 直孝; HAMASAKI Naotaka