超音波の波動伝達関数解析によるコンクリートの物性変化の評価

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波の波動伝達関数解析によるコンクリートの物性変化の評価

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Evaluation of time-dependent-changes of properties of concrete by ultrasonic transfer function analysis
責任表示:
松藤 泰典(九州大学・工学部・教授)
MATSUFUJI Yasunori(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本研究はフレッシュコンクリートから硬化コンクリートに至る物性の変化を、超音波横波の波動伝達関数解析により連続的かつ、統一的に評価することを目的として実験及び数値解析の両面から検討を行い,以下に示す成果を得た。 1.粘弾性モデルにおける伝播性状のFEM解析 フレッシュコンクリートを粘弾性ねじりモデルで評価することにより、超音波横波の伝播性状をFEM解析により再現することが出来た。また、動的せん断弾性係数G'や動的せん断粘性係数μ'から伝播速度及び吸収係数を算定し、実験結果と良く一致することを示した。 2.非破壊試験によるコールドジョイントの判定方法の確立 打ち継ぎ時間の遅延によるコールドジョイントを実験的に発生させ、コールドジョイントが超音波横波の伝播性状に及ぼす影響を検討した。その結果、コールドジョイントが生じた場合と生じない場合では特に吸収係数の経時変化が異なり、本方法によりコールドジョイント発生の判定に利用できることを明らかにした。 3.調合や使用材料及び養生温度の異なるコンクリートへの適用性の検討 水セメント比や単位セメント量などの調合や高性能AE減水剤の使用及び養生温度が、超音波の伝播性状に及ぼす影響を検討した。その結果、調合や使用材料が異なると伝播速度や吸収係数の経時変化は変化するが、いずれの場合においてもコンクリートの凝結性状と対応して変化することを明らかにした。即ち本方法は調合や使用材料が変化しても凝結性状の把握が可能な汎用性の高い方法であることを確認した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
高充填性コンクリートの調合則 by 松藤 泰典; MATSUFUJI Yasunori
9.
高充填性コンクリートの調合則 by 松藤 泰典; MATSUFUJI Yasunori