高温超伝導薄膜を用いた高感度光センサに関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高温超伝導薄膜を用いた高感度光センサに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Investigation on Properties of Kinetic Inductance of High T_c Superconducting Thin Films and its Device Application
責任表示:
円福 敬二(九州大学・工学部・助教授)
ENPUKU Keiji(九州大学・工学部・助教授)
圓福 敬二(九州大学・工学・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
高温超伝導体に特有なカイネテックインダクタンスを用いた高感度光センサの開発が近年開始されている。この超伝導光センサでは、光照射による超伝導薄膜の温度上昇をカイネテックインダクタンスの変化として検出する。本研究では、この際の変換効率を決めるインダクタンスの諸特性を明らかにすることを目的としている。 このためにインダクタンスの高感度測定システムを開発し、高温超伝導体(YBaCuO薄膜)のカイネテックインダクタンスの諸特性を実験的に調べた。その結果、インダクタンスの温度依存性は従来のBCS理論と定量的に一致することを示した。また、インダクタンスの大きさはYBaCuO薄膜の品質(臨界温度Tc及び抵抗率p)に大きく依存し、その依存性は理論的予想と一致する事を示した。さらに、インダクタンスの特性を定量的に議論するためには薄膜内の電流分布を知ることが重要であり、この電流分布の形状依存性はG-L方程式により求められることを示した。最後にインダクタンスの非線形効果について調べ、この非線形効果が変換効率の改善に有効であることを示した。 光センサとしての変換効率を改善するためには高温超伝導薄膜の材料開発も重要であるため、このための指針を明らかにした。すなわち、変換効率は磁場侵入長(λ)とYBaCuO薄膜の厚さ(d)の比(λ/d)で増加することを明らかにし、磁場侵入長(λ)に比べて非常に薄い高品質薄膜の作製が重要であることを示した。このために必要な高品質のYBaCuO薄膜の作製技術を確立した。さらに、変換効率はa軸配向のYBaCuo薄膜を用いることにより大幅に改善されることを示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
高温超伝導SQUID磁気センサの開発 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二
1.
高温超伝導SQUID磁気センサの開発 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二