非定常噴霧燃焼におけるNOx生成の抑制

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

非定常噴霧燃焼におけるNOx生成の抑制

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Reduction of NOx emitted from unsteadily burning flames
責任表示:
高崎 講二(九州大学・工学部・助教授)
TAKASAKI Koji(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本研究では、非定常噴霧燃焼におけるNOx制御方法として、水添加燃料を提案し、まず燃料噴射システムの改良と、燃料と水の噴射率測定装置の製作を行った。燃料噴射システムは、着火に至るまでは燃料のみを噴射し、着火後に水添加した燃料を噴射できることが必要である。本研究では、等圧吸い戻し弁付きの燃料噴射ポンプを用意し、毎サイクルの燃料噴射終了後、噴射ノズルホルダーの燃料通路に水を送り込む装置をそれに付加した。これにより、燃料通路からノズル先端までの燃料が先に噴射され、その後に水添加された燃料が噴射されるようにした。 燃料と水の噴射率測定装置は、ボッシュ式の噴射率測定装置では燃料と水の区別ができないため、まったく新しい発想のものが必要となる。本研究では、東工大方式回転円盤形噴射率測定装置が適当と考え、それを改良した回転スリット式のものを製作した。この装置で噴射率を測定した結果、噴射期間中、水が好ましい形で燃料中に分布していることが予想されるデータが得られた。 さらに、実際のディーゼル機関のような高温・高圧の燃焼室内では、水添加による噴霧の到達距離の違いが燃焼に大きな影響を及ぼす。そこで、大型のディーゼル機関を使用して燃焼の可視化を行い、噴霧の運動量と到達距離の関係を明らかにした。 以上の実験から、この方法による燃焼制御の有用性が明らかとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
プラズマジェットによる非定常噴霧の点火と燃焼促進 by 花田 邦彦; HANADA Kunihiko; 村瀬 英一
6
ヂーゼル機關の混合氣生成法と燃燒 by Pischinger, Anton; Cordier, Otto; 白井, 直光
1.
プラズマジェットによる非定常噴霧の点火と燃焼促進 by 花田 邦彦; HANADA Kunihiko; 村瀬 英一
6.
ヂーゼル機關の混合氣生成法と燃燒 by Pischinger, Anton; Cordier, Otto; 白井, 直光