ゲノム中に散在する反復配列の進化に関する集団遺伝学的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲノム中に散在する反復配列の進化に関する集団遺伝学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A population genetic study on dispersed repeated sequences in the genome
責任表示:
舘田 英典(九州大学・理学部・助教授)
TACHIDA Hidenori(九州大学・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
高等生物のゲノム中にはSINEあるいはLINEと呼ばれる高度に反復した配列が多く見られる。これらの反復配列がどのような進化をしているか、また生物学的にどのような役割を担っているかを調べることは、生物学的に非常に興味深い問題である。本研究では、散在反復配列の集団遺伝学的モデルをたてて理論的に解析し、またデータの解析によるモデルの検証を行うことによってこれらの問題を追及した。理論的解析としては、まず淘汰に関する中立性を仮定し、コピーの有無に関する種内あるいは種間の変異がどうなるかを理論的に解析した。集団から複数のサンプルを取ったとき同じ場所に反復配列を持つ確率を計算し、反復配例の増幅時期や種の系統関係を推定する方法を検討した。この結果に基づいて、Aluの最も新しいファミリーのデータを解析した。この解析から同じファミリー内でのエレメント同志の塩基配列変異量を使って、過去の歴史についての推定や増幅様式についての情報を得ることの重要性が認識された。そこでデータベースより得た2000個以上のAlu配列データを使って、配列解析を行った。統計的道具立てやプログラムの開発に予定以上に手間取り、必ずしも全ての必要な解析を終えることは出来なかったが、Alu配列の増幅が非常に少ないマスターコピーによるものではないであろうという結論が得られた。またこれらの解析法を使って、増幅期間やその増幅率に関する推測を行った。今後更に解析を進めることによって、マスターコピー数に関する結論の妥当性を検証するとともに、この研究で開発された手法を使って、他のファミリーやLINE配列の解析も行っていく必要がある。また本研究では出来なかった簡単な自然淘汰を含めたレトロポゾン増幅モデルの解析も、散在反復配列の生物学的意義を知る上で重要な問題であり、今後の課題である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
生物進化の分子集団遺伝学的研究 by 山崎 常行; YAMAZAKI Tsuneyuki
2.
生物進化の分子集団遺伝学的研究 by 山崎 常行; YAMAZAKI Tsuneyuki