体内侵入多種混合揮発性化学物質群の同時検出法に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

体内侵入多種混合揮発性化学物質群の同時検出法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A STUDY ON SIMULTANEOUS DETERMINATION OF VOLATILE COMPOUNDS IN HUMAN TISSUES
責任表示:
永田 武明(九州大学・医学部・教授)
NAGATA Takeaki(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
法医学では、死後に遺体の体組織中薬毒物濃度を測定し,生前や死亡時の状態を知る必要がある.今回,日常生活の中で接触し,かつ事故発生の機会も多い揮発性物質に焦点を合わせ研究を行った. 硫化水素中毒を鑑定する上での問題点は、硫化水素の濃度が腐敗の影響により変化するということである.そこで,これらを対象化合物として,動物実験および中毒事例を検討し,定量値の法医学的意義付けを行った.その結果,硫化水素中毒を証明するために硫化物そのものを定量するよりも代謝物であるチオ硫酸塩を指標とする方が良いとの結果を得た.その理由としてチオ硫酸塩の方が安定および高濃度であることが挙げられる.解剖事例におけるチオ硫酸塩を分析する際の対象試料としては,肺,脳もしくは血液が適当であると考えられた.また,生存した事例においては,血液よりも高濃度であることと,より長く出現することから,尿の分析が適当であると考えられた. 入浴剤等に含有している多硫化物による中毒の証明に,体組織から多硫化物そのものを初めて分析した.その結果,分析に最も適切な試料は血液であった.また,硫化物の濃度は多硫化物中毒における補助的な指標となることが判った. 煙草の成分であるニコチンは,煙草や煙草の侵出液の誤飲によって引き起こされる中毒の原因物質である.ニコチンおよびその代謝物の体組織中からの分析法を確立し,実際の体組織中ニコチンおよびその代謝物コチニンの体内分布を検討した.その結果,血液が得られない場合の測定対象試料として筋肉が適当であると考えられた. 本研究は,法医学の実際の鑑定に役立つ分析方法の確立を行ったと同時に,中毒分野において,さらに社会に対して貢献し得るものであったと考えられる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
未知斑痕の法科学的同定 by 永田 武明; NAGATA Takeaki
9
Nicotine & tobacco research by Society for Research on Nicotine and Tobacco; Oxford University Press
10
化学物質毒性ハンドブック by Clayton, George D.; Clayton, Florence E.; 内藤, 裕史; 横手, 規子
11
化学物質毒性ハンドブック by Ford, Marsha D.; 内藤, 裕史; 横手, 規子
3.
未知斑痕の法科学的同定 by 永田 武明; NAGATA Takeaki
9.
Nicotine & tobacco research by Society for Research on Nicotine and Tobacco; Oxford University Press
10.
化学物質毒性ハンドブック by Clayton, George D.; Clayton, Florence E.; 内藤, 裕史; 横手, 規子
11.
化学物質毒性ハンドブック by Ford, Marsha D.; 内藤, 裕史; 横手, 規子