岩の不連続面のShear-Flow Coupling試験装置の開発

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

岩の不連続面のShear-Flow Coupling試験装置の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of Shear-Flow Coupling Test Apparatus of Rock Joints
責任表示:
江崎 哲郎(九州大学・工学部・教授)
ESAKI Tetsuro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
本研究において、せん断-透水試験装置用せん断箱圧力容器およびフローポンプ試験装置の設計、製作を行い完成させた。次に、これらの装置を用いて実験を行い、装置の性能を確認するとともに各種不連続面の実験を行った。まず、履歴を与えた人工的不連続面を用いて、垂直応力、およびせん断変位の違いによって岩盤不連続面のせん断特性、透水特性がどのように変化するかを基礎的に調べるとともに、有用なデータの集積を行った。そして自然の岩盤不連続面に対して適用する手順を確立するとともに、得られた実験データと比較し、現場の不連続面が過去にどのような条件下で履歴を受けたかを推定するための手段の確立をめざした。これらで得られた知見を列挙すると、(1)履歴をうけるとせん断応力はピークを示さない。また、専攻履歴時の垂直応力より大きな垂直応力下でせん断させた場合においてもせん断応力はピークを示さなくなる。(2)履歴のない人工的不連続面は、せん断初期において少し垂直変位が減少した後、ダイレーションの傾向を示す。(3)先行履歴の垂直応力が大きくなるほどせん断初期の垂直変位の減少領域が大きくなる。(4)履歴のない不連続面の透水係数はせん断初期において鋭く減少した後、急激に増加するのに対し、履歴を受けた不連続面は穏やかに減少した後、増加していく。(5)ダイレーションと透水係数は相関が大きい。(6)先行履歴より小さな垂直応力でせん断を行った場合、ダイレーションおよび透水係数は履歴ない時の挙動にしたがうが、先行履歴より大きな垂直応力でせん断された場合、その挙動は大きく変化する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
花崗岩が語る地球の進化 by 高橋, 正樹
12
新潟の花こう岩の生い立ちを読む by 加々美, 寛雄; 志村, 俊昭; 新潟大学大学院自然科学研究科ブックレット新潟大学編集委員会
10.
花崗岩が語る地球の進化 by 高橋, 正樹
12.
新潟の花こう岩の生い立ちを読む by 加々美, 寛雄; 志村, 俊昭; 新潟大学大学院自然科学研究科ブックレット新潟大学編集委員会