船型要素を考慮した実用的な船舶操縦性能推定法に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

船型要素を考慮した実用的な船舶操縦性能推定法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
RESEARCH ON A PRACTICAL PREDICTION METHOD FOR SHIP MANOEUVRABILITY CONSIDERING WITH SHIP FORM
責任表示:
貴島 勝郎(九州大学・工学部・教授)
KIJIMA Katsuro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
船舶の設計段階で操縦性能を推定するという社会的な強い要請があるにも拘らず、未だ船型要素を充分に考慮してこの性能を推定する方法は確立されていないのが現状である。本研究はこのような問題を背景に、出来るだけ船型形状を正確に取入れたより精度の高い実用的な推定法を開発することが目的である。そこでまず、操縦性能推定に不可欠な船体に作用する流体力に関して船体形状を考慮した流体力推定を細長体理論をベースに理論計算法の開発と共に数値計算を行った。大型タンカー2隻,一般貨物船1隻についての計算結果およびこれらの模型試験結果より比較検討した結果,渦の流出位置を表わすパラメータ(S)を選択することで形状の違いを考慮して主船体に働く流体力を推定出来ることが確認された。流体力に関する船体の形状影響を評価出来る点で有効な方法と考えられる。また,本計算法による船体流体力の推定には船型要素だけでなく運動によってもSを変えることが必要であるとの知見を得た。しかし大きな角速度を有す旋回運動時の船体に作用する流体力に関しては計算値と模型試験の値によい一致は見られず,今後更に渦モデルの改良が必要であると思われる。 次に船体が静止状態から真横に運動を開始した時の船体横断面に働くCross Flow Dragの推定に際しては,渦モデルを用いて船体中央部付近のCross Flow Dragに及ぼす横断面のビルジ半径と船幅吃水比の影響を明らかにした。この場合自由渦の流出方向および流出直後の循環の変化を考慮すれば、現室に即した計算結果が得られる。またこのGross Flow Dragはビルジ半径が大きくなるにつれて小さくなることが判明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro
11.
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro