合成二分子膜の分子設計と蛋白質の膜局在化シグナルの改変による蛋白質の集積機能化

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

合成二分子膜の分子設計と蛋白質の膜局在化シグナルの改変による蛋白質の集積機能化

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Functionalized Assembly of Proteins by Rational Design of Matrix Bilayr Membrane and Modification of Membrane Targeting Signals of Proteins.
責任表示:
国武 豊喜(九州大学・工学部・教授)
KUNITAKE Toyoki(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本研究の目的は、タンパク質を二分子膜に集積し機能化するために適した二分子膜とタンパク質の分子設計指針を確立することである。 そのために、本研究ではタンパク質の膜結合性シグナルを導入する手法として補欠分子団の再構成法を用いてリピドアンカー法という新しい方法論の開発に成功した。即ち、ヘム蛋白質の補欠分子であるヘム鉄にシグナル部分としてアルキル長鎖を共有結合した合成ヘムをアポ蛋白質と再構成することにより、蛋白質の補欠分子(ヘム)近傍に特異的にシグナル部位を導入するというものである。 この手法を用いていくつかの疎水性長鎖と親水性短鎖をシグナル部位として持つアンカーミオグロビンの合成を行った。これらの人工蛋白質と脂質二分子膜との相互作用をゲル濾過、限外濾過及びケイ光消光法などによって評価するとアンカー構造の違いによって二分子膜に対する親和性に大きな差が見られた。即ち、疎水性アンカーを有するミオグロビンでは、リン脂質二分子膜との強い親和性が観測されたのに対して、親水性アンカーの場合、天然ミオグロビンと同様ほとんど膜には結合しなかった。さらに固定化キャストフィルム中でのこれらの蛋白の配向を検討すると、疎水性アンカーを有する場合のみに良好な配向固定化が可能となることがわかった。 以上のようにシグナル部分の構造によって蛋白質の膜親和性とともにその分子配向性も制御されることが明瞭になった。またアルカー法が蛋白質の膜結合性及び配向をコントロールするための有効な手法となることが示された。ここで得られた知見はタンパク質の脂質二分子膜への集積化のために有益であると期待される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
有機溶媒中における二分子膜の形成 by 国武 豊喜; KUNITAKE Toyoki
3.
有機溶媒中における二分子膜の形成 by 国武 豊喜; KUNITAKE Toyoki