マウス歯・顎顔面頭蓋の成長発育における母体要因の影響の検索

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

マウス歯・顎顔面頭蓋の成長発育における母体要因の影響の検索

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY OF MATERNAL EFFECT ON DENTOFACIAL GROWTH IN MICE.
責任表示:
野中 和明(九州大学・歯学部・助教授)
NONAKA Kazuaki(九州大学・歯学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
哺乳類の個体の成長発育においては、個体固有の遺伝子の影響に加えて出生前母体効果である母体の子宮内環境と出生後母体効果である母体の哺乳・育児能力などが影響していると考えられる。本研究目的は、マウスの歯・顎顔面頭蓋の成長発育におけるこれらの母体効果の影響を解明することにある。まず4系統の近交系マウス(DDD,C3H,C57BL,DBA)をレシピエントとして用いた受精卵移植実験より、(i)新生児マウスの歯・顎顔面の大きさは、産児数が大きくなるほど小さくなり、妊娠期間が長いほど大きくなる傾向が認められた。(ii)母親マウスの系統は、新生児マウスの歯・顎顔面の大きさに対して有意な影響を及ぼしていた。(iii)歯・顎顔面の大きさに対する産児数と妊娠期間の影響を統計学的に除去して検討したところ、遺伝的に均一なDDD/Qdjの受精卵から生まれた新生児マウスの歯・顎顔面の大きさに有意な系統間差を認めた。この結果は、胎児マウスの歯・顎顔面の子宮内成長に、母体の子宮内要因が出生前母体効果として重要な役割を果たしていることを示唆した。 次に実験動物として大型の近交系マウス(DDD/Qdj)と小型の近交系マウス(C57BL/Qdj)の2系統を用いた里親飼育実験より、(iv)育てた母親マウスの系統は、新生児マウスの体重の出生後の成長変化の過程において有意な影響を及ぼしていた。(v)遺伝的に均一な新生児マウスを、自家飼育群及び里親飼育群としてC57BL母親マウスとDDD母親マウスに分けて哺育させたところ、DDD母親マウスが哺育した新生児マウスの体重は、C57BL母親マウスが哺育したそれより大きくなる傾向にあった。この結果は、新生児マウスの出生後の成長に育ての母親マウスの影響が、出生後母体効果として重要な働きをしていることを示唆した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
Fertilization and embryonic development in vitro by Mastroianni, Luigi; Biggers, John D., 1923-
12
A Cytotoxic Subcellular Fraction of Mouse Spleen Extract by Momii, Akira; Maekawa, Kazuyuki; Eto, Morifusa; 前川, 一之; 江藤, 守総
10.
Fertilization and embryonic development in vitro by Mastroianni, Luigi; Biggers, John D., 1923-
12.
A Cytotoxic Subcellular Fraction of Mouse Spleen Extract by Momii, Akira; Maekawa, Kazuyuki; Eto, Morifusa; 前川, 一之; 江藤, 守総