Rj_2Rj_4遺伝子保有ダイズ品種の根粒菌株選択機構の解明と根粒菌接種技術への応用

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Rj_2Rj_4遺伝子保有ダイズ品種の根粒菌株選択機構の解明と根粒菌接種技術への応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the physiological mechanisms of preference of Rj2Rj4-harboring soybeans for rhizobial strains and the application to improvement of inoculation method
責任表示:
石塚 潤爾(九州大学・農学部・教授)
ISHIZUKA Junji(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
ダイズ栽培における接種菌の根粒占有率向上のための根粒着生調節遺伝子(Rj)保有品種の根粒菌株選択能活用の可能性について検討した。 ダイズIAC-2(Rj_2Rj_3)とHill(Rj_4)を交配し、その後代からRj_2Rj_4遺伝子型系統を選抜し、その系統のRj_3遺伝子保有の有無について調査し、いずれのRj_2Rj_4遺伝子型系統にもこの遺伝子の存在が確認し、Rj_2とRj_3遺伝子は同一染色体上に存在すると推定した。 Rj_2Rj_3Rj_4遺伝子型ダイズを圃場栽培し、着生根粒から根粒菌を分離し、それらの分離菌がインドール酢酸産生能を有し、BTB培地をアルカリ化する菌とインドール酢酸産生能がなく、BTB培地をアルカリ化はするが、2週間以後逆に培地を酸性化する菌の2群に大別されることを示した。さらに、これらの分離根粒菌をそのコロニーの生理的形態的特徴によって9グループ分類したが、Rj_2Rj_3Rj_4遺伝子型ダイズによって特定のグループの根粒菌が選択されていることを立証することは出来なかった。一方、Uptake-hydogenaseを保有する菌株が高率に含まれるUSDA110血清型の根粒菌に対する各種Rj遺伝子型ダイズの選択性をポットおよび圃場試験で検討した結果、Rj_2Rj_3Rj_4遺伝子型ダイズのUSDA110血清型根粒菌に対する選択性が他のRj遺伝子型より大きいと判定した。 分離根粒菌のゲノムDNAのRFLPには、分離源ダイズのRj遺伝子型による特異性は認めることが出来なかった。しかし、nodulation typeや生理的特性によって分離された各グループに属する根粒菌間に一定の傾向が読み取れたので、ダイズ根粒菌のゲノムDNAの構造にはRj遺伝子保有ダイズに対する親和性やその他の生理的特性に関連した特異性が存在する可能性がある。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
ダイズの根粒形成調整遺伝子, Rjの表現型決定器官と遺伝子間の相互作用 by 奥田, 崇之; 山川, 武夫; 石塚, 潤爾; Okuda, Takayuki; Yamakawa, Takeo; Ishizuka, Junji
8
作物の無機養分吸収に対する内生菌根の寄与 by 池田 元輝; Ikeda Motoki; 山田 芳雄
6
ダイズの脂質含量に影響を及ぼす遺伝的要因について by 松尾, 巧; 大村, 武; Matsuo, Takumi; Omura, Takeshi
12
酵母菌類の血清學的分類 (第一報) by 湯川, 又夫; 太田, 正; Yukawa, Matao; Ohta, Masashi
2.
ダイズの根粒形成調整遺伝子, Rjの表現型決定器官と遺伝子間の相互作用 by 奥田, 崇之; 山川, 武夫; 石塚, 潤爾; Okuda, Takayuki; Yamakawa, Takeo; Ishizuka, Junji
6.
ダイズの脂質含量に影響を及ぼす遺伝的要因について by 松尾, 巧; 大村, 武; Matsuo, Takumi; Omura, Takeshi
8.
作物の無機養分吸収に対する内生菌根の寄与 by 池田 元輝; Ikeda Motoki; 山田 芳雄
12.
酵母菌類の血清學的分類 (第一報) by 湯川, 又夫; 太田, 正; Yukawa, Matao; Ohta, Masashi