染色体凝縮と分離・分配と制御機構

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

染色体凝縮と分離・分配と制御機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
西本 毅治(九州大学・大学院医学系研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992
概要(最新報告):
今年度は本重点研究の最終の年であり、前年度に公募研究者を計画研究員に加え、研究の完成を目指した。夫々の研究成果をつぎに述べる。 西本はRCC1タンパクのAlanineスキャニングを行ない、GEP活性がtsBN2変異の相補に必須であることを明らかにした。清水は共焦点レーザー走査顕微鏡で増殖関連遺伝子、rRNA遺伝子の解析を行なった。花岡は紫外線照射したSV40染色体を鋳型とする無細胞DNA修復系を構築し、XP-C群の修復欠損を相補する因子を精製した。佐方はCSFとしてのc-mosの活性化には3番目のセリンのリン酸化が必須であること、そしてその活性化により一過性に半スピンドルが形成された。東江はNIN1変異のサプレッサーとしてSUN1SUN2を分離した。これらの遺伝子は細胞質のチュブリンの形成に関わっていた。丹羽は不安定な環状三二染色体がM期進行を遅らせることとこの遅延に関与する因子を同定した。堀田は減数第一分裂前期の核骨格タンパク(MNS1)を精製し解析した。その結果、新しい中間繊維であることが解かった。黒岩はミトコンドリア融合遺伝子(mif)の塩基配列を決定した。安田はcdc2キナーゼの制御因子の研究を行なった。菊池は酵母三二染色体分配に関するMCS1がCキナーゼと関連を持つことを発見した、小林はサイクリンのドメ〓〓の機能を明らかにした。辻はM期停止する温度感受性変異株をCHO株より分離し解析した。松本はI型ホスハターゼが出芽酵母の染色体分配に関与することを明らかにした。山下はMPFのターゲットと思われる110KDタンパクのチオリン酸化を調べた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
8
染色体凝縮に関わる遺伝子(RCC1)の機能の解明 by 林 直之; HAYASHI Naoyuki; 関口 猛
3
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5
染色体の動態制御 by 西本 毅治
2.
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
3.
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5.
染色体の動態制御 by 西本 毅治
8.
染色体凝縮に関わる遺伝子(RCC1)の機能の解明 by 林 直之; HAYASHI Naoyuki; 関口 猛