モデルポテンシャル法による共吸着反応の理論的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルポテンシャル法による共吸着反応の理論的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
酒井 嘉子(九州大学・教養部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992
概要(最新報告):
1.モデルはポテンシャルの開発 本年度はアルカリ金属およびアルカリ土金属について,最外殻(n殻)のs電子に加えて最外内殻,(n-1)殻,の6個のp電子をもあらわに取り扱うsp-MPを開発した.また,これらの原子が+イオンになった場合に重要となるnp及び(n-1)d電子についての基底関数もあわせて決定した.得られたモデルポテンシャルを用いて,Nal分子の基底及び第一励起状態の電子状態の研究や,アルカリ土金属のハロゲン化物(MX_2,M=Ca〜Ba,X=F〜I)の平衡構造の決定を行い,良い結果が得られた. 甲木はスペクトル表示を用いたモデルポテンシャル法を,原子中の内殻電子の取扱いだけでなく,Non-Sphericalな系にも拡張し,さらに環境ポテンシャルとしても有効であることを示した.今後,吸着現象解明のための大きなクラスター計算のなかで,環境ポテンシャルとして取り入れて行くためにプログラムを開発中である。 2.Cu表面へのLiの吸着とLiOHの生成に関する理論的研究 モデルポテンシャル法を用いて、Cu(100)表面でのLi原子の吸着反応と、さらに同表面でのLiとH_2Oの反応につしてのモデル計算を行った。実験によればLiの被覆率が低いときには、直線状のLiOHがLiを下向きにして表面上に生成されると報告されている。本年度は、Cu(100)とLiとの相互作用およびLiOH生成の機構を解明するために,Cu_4LiについてHFとSDCI計算を,Cu_4LiOHについてHF計算を行った.下地金属からのLiとOHの高さ変化させてポテンシャル曲線を求めることにより、各原子の平衡位置や、伸縮振動数、電荷分布の様子などを検討した。現在Cu_4LiOHについてのCI計算を続行中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
表面金属シリサイドの化学結合と構造解析 by 栃原 浩; TOCHIHARA hiroshi
10.
表面金属シリサイドの化学結合と構造解析 by 栃原 浩; TOCHIHARA hiroshi