バイオマスの分解,発酵及び分解に関する基盤解析

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオマスの分解,発酵及び分解に関する基盤解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
EFFECTS OF CIRCUMSTANCE ON BIO-PRODUCTION
責任表示:
林田 晋策(九州大学・農学部・教授)
HAYASHIDA Shinsaku(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
発酵や農業などの生物生産は、苛酷な環境と固相成分の混在する不均一系で行われるため、増殖した微生物細胞は実験室の培養には見られない特異性能を示す。これら解析困難のため謎とされた多くの問題につき、解明と応用を試みた。 1)黒麹菌グルコアミラーゼは、単一株から分子量、安定性、生澱粉分解性の異なる多型の酵素群を産生する。この酵素多型が、プロテオリシスによる生澱粉親和部位の部分分解に起因していることを明らかにした。また、CpとGpの両領域からなる生澱粉親和部位の作用として、Cpは生澱粉吸着に、Gpは生澱粉ミセルの水和に関与していることを分子レベルで解明した。 2)熱処理による胞子発芽処理後、酵母胞子から高頻度に接合性二倍体が生じることを見いだし、本法を応用して従来困難であった醸造酵母の新規な高次倍数体の作製法を開発した。一方、発酵能の高いSaccharomyces cerevisiae wy2が、新規な生活環である遅延性ホモタリズムを示すことを見いだし、HO遺伝子の欠陥に基因する事を明らかにした。 3)嫌気性菌Clostridium acetobutylicumのソルベント生成能が継代培養中に著しく低下するdegenerate現象が、NADH生成系に欠陥を有し生育速度の大きいdegenerate株の出現増大に基因することを明らかにし、その防御法として菌形態による選別法を明らかにした。 4)農業生産の安定化と環境浄化のため、農産廃棄物には旺盛に増殖し、自然界では死滅するCoprophilous型微生物を選出育種して、胞子生菌剤を製造し、飼料添加剤として実用に供した。本胞子生菌剤添加により、悪臭物質は迅速に資化され、微生物肥料が半連続的に製造された。本微生物肥料は土壌病害菌の生育を阻害する蛍光性Pseudomonadsや糸状菌を選択的に生育促進することが明らかとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
アセトン・ブタノール発酵における内因性異常発酵 by 吉野, 貞藏; 林田, 晋策; 吉野, 貞蔵; Yoshino, Sadazo; Hayashida, Shinsaku
8
Raw-Starch-Digesting Glucoamylase from Amylomyces sp. 4-2 Isolated from Loogpang Kaomag in Thailand by Kanlayakrit, Werasit; Nakahara, Koichi; Teramoto, Yuji; Hayashida, Shinsaku; 中原, 光一; 寺本, 祐司; 林田, 晋策
2.
アセトン・ブタノール発酵における内因性異常発酵 by 吉野, 貞藏; 林田, 晋策; 吉野, 貞蔵; Yoshino, Sadazo; Hayashida, Shinsaku
8.
Raw-Starch-Digesting Glucoamylase from Amylomyces sp. 4-2 Isolated from Loogpang Kaomag in Thailand by Kanlayakrit, Werasit; Nakahara, Koichi; Teramoto, Yuji; Hayashida, Shinsaku; 中原, 光一; 寺本, 祐司; 林田, 晋策