可変波長固体レーザーを用いた地球環境計測用レーザーレーダーの研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

可変波長固体レーザーを用いた地球環境計測用レーザーレーダーの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study of a laser radar with tunable solid-state lasers for atmospheric global monitoring
責任表示:
前田 三男(九州大学・工学部・教授)
MAEDA Mitsuo(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨等の地球環境の大気環境問題は現在も緊急を要する研究課題の一つである。本研究の目的は最近開発が進んだ高出力の可変波長固体レーザーを光源として、近赤外に吸収帯を持つ各種の大気分子の分布の差分吸収レーザーレーダーで計測する可能性について研究するものである。 平成4年〜平成5年 2年間にわたる研究により次のような研究成果が得られた。 1.アレキサンドライトレーザーを光源として用い、高度10kmまでの大気中のH_2O分子の差分吸収レーザーレーダーによる計測に成功し、その最適測定条件等について研究を行なった。 2.さらに、広い可変波長性をもつTi:サファイアレーザーを開発し、ラマンシフターと組合せて、赤外部で3.4μmまで連続的に可変波長の新しい光源を開発した。 3.HITRANデーターベースを用い、各種地球環境関連分子の計測可能性について、シミュレーション解析を行ない、CO_2,CO,CH_4,N_2O等のガスの差分吸収レーザーレーダー観測についてその特性を明らかにした。 以上の結果ほぼ当初の目的は達成できた。今後は上の研究成果をもとに、当面メタンガス分布の2〜3μm帯での差分吸収レーザーレーダー計測を実現して行きたいと考えている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
可変波長レーザーの集積化の研究 by 前田 三男; MAEDA Mitsuo
11
工場における漏洩メタンガス検知用差分吸収ライダーの解析 by 興, 雄司; Oki, Yuji; 生田, 光輝; Ikuta, Kouki; Ikuta, Koki; 前田, 三男; Maeda, Mitsuo; 内海, 通弘; Uchiumi, Michihiro
12
漏洩メタン検知に用いる近距離高分解能1.67μmDIALシステム by 生田, 光輝; Ikuta, Kouki; Ikuta, Koki; 工藤, 務; Kudo, Tsutomu; 興, 雄司; Oki, Yuji; Vasa, J. Nilesh; バサ, …
4.
可変波長レーザーの集積化の研究 by 前田 三男; MAEDA Mitsuo
5.
超広帯域可変波長レ-ザ-分光光源の開発 by 前田 三男; MAEDA Mitsuo
11.
工場における漏洩メタンガス検知用差分吸収ライダーの解析 by 興, 雄司; Oki, Yuji; 生田, 光輝; Ikuta, Kouki; Ikuta, Koki; 前田, 三男; Maeda, Mitsuo; 内海, 通弘; Uchiumi, Michihiro
12.
漏洩メタン検知に用いる近距離高分解能1.67μmDIALシステム by 生田, 光輝; Ikuta, Kouki; Ikuta, Koki; 工藤, 務; Kudo, Tsutomu; 興, 雄司; Oki, Yuji; Vasa, J. Nilesh; バサ, …