X線散乱及び中性子スピンエコー法によるプラスチック結晶の分子配向相関

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

X線散乱及び中性子スピンエコー法によるプラスチック結晶の分子配向相関

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Orientational Correlations in Plastic Crystals by X-ray Scattering and Neutron Spin Echo Method
責任表示:
阿知波 紀郎(九州大学・理学部・教授)
ACHIWA Norio(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
アダマンタン誘導体のプラスチック結晶相転移および配向グラスに関する研究は、静的及び動的分子配向相関に関する興味からである。我々は、'だるま' 分子であるアダマンタン誘導体のうち、'あたま'が比較的大きな1-ブロモアダマンタン 及び、'くび'が長い1シアノアダマンタンを分子配向の典型物質として 選びx線及び中性子散乱実験により分子配向相関に関する研究をおこなった。この科学研究費をもちいて、主として、プラスチック相および配向グラス相での分子配向相関の研究のため、温度変化のできる単結晶用x線散漫散乱測定装置を開発し実験を行った。さらに、分子配向の動的挙動については 主として中性子飛行時間差法による中性子非干渉性非弾性散乱実験を行った。各年度に取り組んだ具体的な研究テーマは以下のとおりである。 1)1-ブロモアダマンタンの分子配向の段階的秩序化による構造相転移の研究。単結晶X線結晶構造解析によるプラスチック相、セミオーダー相、オーダー相の構造比較。 2)1-シアノアダマンタンのプラスチック相と配向グラス相の分子配向相関およびダイナミックスの単結晶X線散漫散乱による研究。 3)1-シアノアダマンタンのプラスチック相から低温に単結晶のままクエンチして得られた配向グラス結晶を、グラス転移温度直下で保ち、時間的に進行する局所分子回転配向秩序をX線ブラッグ反射および、散漫散乱により追求し、新散漫散乱を(2h,1±δ 0)に見いだした。中性子非干渉性非弾性散乱実験により各相のダイナミックッスを調べた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
ガラス転移の統一理論 by 小田垣 孝; ODAGAKI Takashi
12.
ガラス転移の統一理論 by 小田垣 孝; ODAGAKI Takashi