三次元的歯冠微小形態測定システムを用いた咬合発育に伴う歯冠形態の変化に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

三次元的歯冠微小形態測定システムを用いた咬合発育に伴う歯冠形態の変化に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Study on the Morphological Change of Tooth Crown due to the Occlusal Development with Use of the Three Dimensional Measuring System.
責任表示:
中田 稔(九州大学・歯学部・教授)
NAKATA Minoru(九州大学・歯学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
本研究の結果,次ぎのような諸点が明らかとなった. 1 三次元的測定システムには,接触針を用いる方法と光学的に非接触に測定する方法とがあり,歯冠微小形態の測定には,その両者の利点と欠点とを十分に考慮して用いることが肝要であり,例えば基準点の設定のような場合には接触針を用いるのがよく,小窩裂溝のように複雑な形態や全体の輪郭形態の測定にはレーザー光を用いる非接触型が適当であることが分かった. 2 同一個体の経時的変化を観察する際には,三次元的基準面の設定が基本となるが,本研究においては,歯冠上の特定の3点を三次元的に基準化するコンピュータープログラムの開発に成功し,繰返し測定あるいは被検物体が同一視野内からはみ出るほど大きい場合測定視野を数回繰返し測定するときこのプログラムが有効であることが判明した. 3 乳臼歯咬合小面の微小形態は,下顎の三次元的顎運動の方向ときわめて類似しており,咬合を開始して後下顎運動という機能的要素と関連しながら明らかとなった. 4 咬合小面の形態と咬合圧を同時に測定するシステムの応用により,咬合異常を示す患者の咬合力分布が簡便な計測が可能となり,治療の過程や予後を診査するに当たり,きわめて有用であることがわかった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
歯学における遺伝学的研究の展開 by 中田 稔; NAKATA Minoru
5.
歯学における遺伝学的研究の展開 by 中田 稔; NAKATA Minoru