運動・スポーツの心理的効果に関する総合的研究

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

運動・スポーツの心理的効果に関する総合的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A COMPREHENSIVE STUDY ON PHYCHOLOGICAL EFFECTS OF PHYSICAL EXERCISE AND SPORTS
責任表示:
徳永 幹雄(九州大学・健康科学センター・教授)
TOKUNAGA Mikio(九州大学・健康科学センター・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1993
概要(最新報告):
13名の共同研究者によって、運動・スポーツの短期的・長期的効果について総合的研究を行い、次のような結果を得た。 1.感情に及ぼす効果 1)婦人のテニス活動での感情は、激しい運動中に最も高まり、その時の感情は乳酸とはマイナス相関、ACTHやベータ・エンドルフィンではプラス相関がみられた。しかし、運動後はその相関は低くなった。 2)快的自己ペース走による気分の高揚は運動後少なくとも30分継続した。 3)バドミントンの体育授業での感情は授業内容によって異なった。 2.心理的能力に及ぼす効果 1)国体選手は経験年数や大会参加経験によって心理的競技能力が高められていることが明らかにされた。 2)体育系クラブ経験者は、日常生活の心理的対処能力が優れていた。 3.生きがい・健康度に及ぼす効果 1)世界ベテランズ陸上競技大会の参加選手は、「生きがい」意識レベルが高く、幸福な老年期を迎えていることが推察された。 2)身体的活動量が多い高齢者は、精神的健康度も高かった。 3)降圧を目的とした高齢者のテニス教室は「生きがい」にも影響した。 4.自己効力感・自己概念に及ぼす効果 1)体操の授業で学習者の構えが、自己効力感に影響を与えた。 2)児童の水泳プログラムで水泳効力感が高まった。 3)体育学部学生の自己概念は4年間で有意に変化した。 5.精神の安定・集中に及ぼす効果 1)大学生や予備校生のストレス症状は運動歴や態度と相関が高かった。 2)寒暑耐性と運動経験年数に相関がみられた。 3)身体運動が精神的作業能力に良い影響をもたらすことが示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
体育・スポーツ指導のための動きの質的分析入門 by Knudson, Duane V., 1961-; Morrison, Craig S., 1946-; 阿江, 通良
9
自己効力感に関する研究の展望と今後の課題 : 展望的自己効力感の提唱 by 西村, 薫; 野村, 亮太; 丸野, 俊一; Nishimura, Kaoru; Nomura, Ryouta; Maruno, Shunichi
5
「健康度・生活習慣診断検査」の開発 by 徳永 幹雄; TOKUNAGA Mikio
11
自我状態の成長を意図した心理サポートの検討 by 中澤, 史; 杉山, 佳生; Nakazawa, Tadashi; Sugiyama, Yoshio
12
Sports and exercise nutrition by McArdle, William D.; Katch, Frank I.; Katch, Victor L.
5.
「健康度・生活習慣診断検査」の開発 by 徳永 幹雄; TOKUNAGA Mikio
8.
体育・スポーツ指導のための動きの質的分析入門 by Knudson, Duane V., 1961-; Morrison, Craig S., 1946-; 阿江, 通良
9.
自己効力感に関する研究の展望と今後の課題 : 展望的自己効力感の提唱 by 西村, 薫; 野村, 亮太; 丸野, 俊一; Nishimura, Kaoru; Nomura, Ryouta; Maruno, Shunichi
11.
自我状態の成長を意図した心理サポートの検討 by 中澤, 史; 杉山, 佳生; Nakazawa, Tadashi; Sugiyama, Yoshio
12.
Sports and exercise nutrition by McArdle, William D.; Katch, Frank I.; Katch, Victor L.