老年痴呆の分子機構

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

老年痴呆の分子機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
宮武 正(東京医科歯科大学・医学・教授)
立石 潤(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1992-1994
概要(最新報告):
本研究は、老年期に生じる痴呆性疾患の中から、とくに現在まだ病因の解明がなされていないアルツハイマー型老年痴呆(アルツハイマー病)を中心課題としてとりあげ、その発症機構を以下の3点の主要研究項目のもとに解明することを目的としている。すなわち、研究項目としては、〓脳老化と神経栄養因子 〓アルツハイマー病脳内蓄積物質の形成機序 〓アルツハイマー病の分子遺伝学的研究がある。〓においては、神経成長因子に代表される神経栄養因子の働き、とくに脳損傷や老化に伴う変動が調べられた。〓においてはアミロイド前駆体蛋白(APP)からAbetaアミロイが生じる機序と関連酵素、タウ蛋白のリン酸化と脱リン酸化酵素などを中心に調べ新しい知見を得た。さらにタウ蛋白遺伝子を除去したマウスが作られた意義は大きい。〓においては家族性アルツハイマー病を中心に染色体14,19,21番を調べ、またAPP遺伝子を除去する計画が進行中である。これらの各班の研究は密接な連携のもとに進行し、平成5年8月5日には合同ワークショップを開催し、翌6日には公募演題を中心に討論を行なった。さらに12月21日には全班員の研究成果の発表があり、22日には公開シンポジウム「アルツハイマー病の病因を探る」を開催した。この間に総括班会議、企画運営委員会、班長会議などを頻回に開催した。さらに11月17日から3日間、神奈川県大磯市で開催された老年痴呆をめぐる国際会議で班員の多くが発表し、ほぼ全員の参加があり、多くの成果が得られた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
老年痴呆の分子機構-研究の総括- by 立石 潤; TATEISHI Jun
1.
老年痴呆の分子機構-研究の総括- by 立石 潤; TATEISHI Jun