動物細胞の細胞周期調節遺伝子の分離とその機能の研究

閲覧数: 20
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

動物細胞の細胞周期調節遺伝子の分離とその機能の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
THE INVESTIGATION OF CELL CYCLE REGULATORY GENES IN MAMMALIAN CELL
責任表示:
西本 毅治(九州大学・大学院医学系研究科・教授)
NISHIMOTO Takeharu(九州大学・大学院医学系研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
ハムスター由来の継代培養細胞株BHK21より分離された細胞増殖に関する温度感受性変異株を用いて変異を相補するヒト遺伝子を分離し、そのcDNAを得ることをこの研究の第一歩とし、これまで研究してきた。 本研究の最終年度にあたりこれまでの成果をまとめると以下のようになる。 1.RCC1遺伝子に関して 1)この遺伝子が機能的に保存されていること。 2)ヒトRCC1の全塩基配列を決定。 3)DNA結合ドメインの同定。 4)cdc25CとtsBN2変異の相関。 5)RCC1とRanタンパクの精製とその化学的性質の研究。 2.完全なCCG1cDNAの分離 3.新たな遺伝子の分離:RPS4X、DAD1 4.G2ブロックとユビキチン活性化酵素E1との相関の解明 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
9
計画的細胞死におけるDADIタンパクの機能 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
2.
体細胞の細胞周期とその制御機構 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
5.
染色体凝縮開始とMPF活性化の調節 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu
9.
計画的細胞死におけるDADIタンパクの機能 by 西本 毅治; NISHIMOTO Takeharu