クロイツフェルト・ヤコブ病のプリオン蛋白のシナプス内局在の同定

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロイツフェルト・ヤコブ病のプリオン蛋白のシナプス内局在の同定

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Identification of synaptic accumulation of prion proten in Creutzfeldt-Jakob disease.
責任表示:
北本 哲之(九州大学・医学部・講師)
KITAMOTO Tetsuyuki(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
クロイツフェルト・ヤコブ病(以下CJDと略す)の原因因子としてプリオン蛋白が提唱されている。以前までは,組織学的に異常プリオン蛋白はクル班と呼ばれるアミロイド沈着にのみ証明可能であり,CJD患者の大部分では,異常プリオン蛋白の局在を同定しえなかったが,我々は,加水分解の原理に基づいた前処理法を開発し,CJD患者全例に異常プリオン蛋白が証明可能であることを報告した.検出できた異常プリオン蛋白は中枢神経系の灰白質に広く分布し,シナプスを染色するシナプトフィジン抗体の分布と同一であった。さらに詳しく2重染色にてシナプスとプリオンの免疫染色性が一致することを同定した。またCJD患者脳より生化学的にシナプトゾーム,ミクロゾーム,シナプス小胞を分離し,シナプトゾームに最も高濃度にプリオン蛋白が存在することを証明した.プリオン蛋白遺伝子解析として,PCR(polymerase chain action)法によるダイレクトシークエンスを行い新しい変異型を5種みいだした.コドン105の変異は,日本の家族性痴呆でみとめられ,クル斑を主体とし,シナプスをおかすことは稀である。以前は,家族性痙性麻痺と診断されていた。コドン145の変異は,アルツハイマー病型の臨床症状を呈し,蛋白学的にはストップコドンとなり,C末約100コのアミノ酸のない変異型プリオン蛋白より構成されるクル斑が存在し,シナプスには沈着しない。コドン180,232の変異は,CJD患者で認められ,この変異では今のところクル斑はなく,主にシナプスをおかす。最後に,96bpの挿入変異を証明した。この挿入変異は,クル斑を形成し,シナプスは軽度に沈着するのみであった。この2年間にわたる本研究では,新たに異常プリオン蛋白の沈着部位として,中枢神経系のシナプス,リンパ系の樹状細胞を明らかとしたことと,ヒトプリオン蛋白遺伝子の変異を新たに5種類発見した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
薬害ヤコブ病の軌跡 by 薬害ヤコブ病被害者・弁護団全国連絡会議
9.
薬害ヤコブ病の軌跡 by 薬害ヤコブ病被害者・弁護団全国連絡会議