環境ストレス反応における中枢性カルシウム調節機構の意義

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ストレス反応における中枢性カルシウム調節機構の意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Significance of central mechanism of calcium regulation in responses to environmental stresses
責任表示:
粟生 修司(九州大学・医学部・助教授)
AOU Shuji(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
1.ストレス性低カルシウム血症の発生機序:ストレス性低カルシウム血症は胃迷走神経の活動および前庭部から分泌されるガストリンおよび胃底部から主として放出されるヒスタミンが重要な役割を果たしているが、胃酸分泌自体は関与していないことが明らかになった。 2.ストレス性低カルシウム血症における視床下部の関与:視床下部腹内側核の破壊でストレス性低カルシウム血症の発生が完全に抑えられ、室傍核や視床下部外側野の破壊は効果がなかった。 3.ストレス性低カルシウム血症、胃潰瘍および情動反応性の視床下部連関:WKYラットでは、強制水泳試験におけるimmobility時間の長い個体ほど胃潰瘍および低カルシウム血症の程度が重かった。Wistarラットはstruggling時間の長い個体ほど胃潰瘍および低カルシウム血症の程度が軽かった。Wistarラットの室傍核破壊により、胃潰瘍および低カルシウム血症が重症化し、immobility時間も延長した。視床下部腹内側核破壊では胃潰瘍、低カルシウム血症ともに軽症化し、struggling時間が延長した。ストレス時の胃病変とカルシウム代謝応答および抑うつ反応に室傍核は抑制的に、視床下部腹内側核は促進/増悪的に関与している。 4.視床下部カルシウム調節機構:電気刺激あるいはGABA_A受容体遮断薬ビキュキュリンによる化学刺激実験において、視床下部外側野および腹内側核は迷走神経胃枝を介し、また室傍核は甲状腺/副甲状腺枝を介して血液カルシウム濃度を低下させる作用があった。 5.カルシウム調節ホルモンの中枢作用:副甲状腺ホルモン(PTH)を側脳室や視床下部腹内側核に投与すると、投与後カルシウムイオンレベルが対照に比べ有意に高値を示した。また視床下部腹内側核ニューロンはPTH感受性を示した。これらの結果は、視床下部にカルシウム調節ホルモン感受性機構があることを示唆する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
虚血性心疾患患者の不安・ストレス・家族関係と自尊感情の関連性 by 篠原, 純子; Shinohara, Junko; 松岡, 緑; Matsuoka, Midori; 樗木, 晶子; Chishaki, Akiko; 長家, 智子; …
11
サル性行動の神経性・液性調節機構 by 粟生 修司; AOU Shuji
10.
虚血性心疾患患者の不安・ストレス・家族関係と自尊感情の関連性 by 篠原, 純子; Shinohara, Junko; 松岡, 緑; Matsuoka, Midori; 樗木, 晶子; Chishaki, Akiko; 長家, 智子; …
11.
サル性行動の神経性・液性調節機構 by 粟生 修司; AOU Shuji