水稲の個葉光合成速度に及ぼすケイ酸の効果に関する生理・組織学的研究

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

水稲の個葉光合成速度に及ぼすケイ酸の効果に関する生理・組織学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Physio-histological studies on effect of silicon to growth, dry matter production and photosynthesis in rice plants
責任表示:
縣 和一(九州大学・農学部・教授)
AGATA Waichi(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
水稲は,ケイ酸を積極的に吸収蓄積するケイ酸植物であり,ケイ酸施用により乾物生産及び子実収量が顕著に増大する.しかし,その基礎となる光合成・蒸散に対するケイ酸の生理的作用は明確ではない.本研究はこのような背景にたって,平成3年以来3年間にわたって乾物生産に対するケイ酸の効果を光合成速度,蒸散速度及びそれらの律速因子を中心に環境要因との関連から生理学的に究明した.平成5年度は平成3年度,4年度の成果をふまえて,特に光合成能力の維持に関連して細胞膜の安定性について生理組織学的に究明した. まず,水稲の生長形質及び乾物生産に対するケイ酸施用効果を,生態型の異なる品種を用い,遮光処理との組合せから検討した結果,施用効果は日本型のコシヒカリおよびニシホマレで顕著であること,遮光処理によって効果が促進されることが明らかとなった.生長解析から,その施用効果は純同化率の差であり,純同化率の向上は,下位葉の光合成速度の能力維持に起因していた. 次に,光合成に対するケイ酸の影響を検討した結果,効果は気孔開閉作用を含むガス拡散系に顕著に認められ,ケイ酸施用した葉身の気孔は,光,湿度変化に敏速に反応するとともに,低湿度下,低CO_2濃度下で,気孔開度を抑制し過剰な蒸散を抑え,水利用効率を高めている事実が明らかになった.さらに,青色光,気孔内腔のCO_2濃度に対する気孔反応の検討から,孔辺細胞の開閉機能にケイ酸の関与が示唆された. 最後にケイ酸の光合成速度の能力維持に関連して,細胞膜の安定性を検討した結果,ケイ酸施用は葉身表皮面のwax含量とクチクラ層の発達を促し,葉身の保水能力を増大させること,また細胞壁成分含量を増加させることによって細胞膜の安定性に寄与していることが明らかとなった. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
水稲の光合成速度,蒸散速度,拡散伝導度および乾物生産に及ぼすケイ酸の影響 by 川満, 真智子; 川満, 芳信; 縣, 和一; B Kaufman, Peter; Kawamitsu, Machiko; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
8
孔辺細胞葉緑体の性質と気孔開孔における役割 by 島崎 研一郎; SHIMAZAKI Ken-ichiro
6
CAM植物のCO_2交換速度,蒸散速度および拡散伝導度に及ぼす空気湿度の影響 by 川満, 芳信; 懸, 和一; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
12
スギ林冠の炭酸ガス固定機能の評価に関する研究 by 斉藤 明; 玉泉 幸一郎; GYOKUSEN Koichiro
1.
水稲の光合成速度,蒸散速度,拡散伝導度および乾物生産に及ぼすケイ酸の影響 by 川満, 真智子; 川満, 芳信; 縣, 和一; B Kaufman, Peter; Kawamitsu, Machiko; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
6.
CAM植物のCO_2交換速度,蒸散速度および拡散伝導度に及ぼす空気湿度の影響 by 川満, 芳信; 懸, 和一; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
8.
孔辺細胞葉緑体の性質と気孔開孔における役割 by 島崎 研一郎; SHIMAZAKI Ken-ichiro
12.
スギ林冠の炭酸ガス固定機能の評価に関する研究 by 斉藤 明; 玉泉 幸一郎; GYOKUSEN Koichiro