超音速軸流速度ファン翼列の定常及び非定常空力特性

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超音速軸流速度ファン翼列の定常及び非定常空力特性

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STEADY AND UNSTEADY AERODYNAMIC CHARACTERISTICS OF SUPERSONIC THROUGH-FLOW FAN CASCADE
責任表示:
難波 昌伸(九州大学・工学部・教授)
NAMBA Masanobu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
1.回転翼列の三次元定常線形揚力面理論に基づく数値計算コードを完成した。それにより数値解析を実行し、軸流マッハ数、回転速度、ボス比、羽根枚数、翼型などの設計パラメーターと三次元流れ場、全圧比などの定常性能との関係を明らかにする詳細な数値資料を得た。 2.回転翼列の三次元非定常線形揚力面理論に基づく数値計算コードを完成した。それにより数値解析を実行し、設計パラメーターとフラッタ(羽根の振動の空力的不安定)発生条件との関係を明らかにする詳細な数値資料を得た。その結果、定常負荷が小さい場合は、純曲げ一自由度振動は常に空力的に減衰されること、ねじり一自由度振動は、背面翼が位相遅れの場合には、ねじり中心が翼前縁側に近いほど空力的不安定度を増すが、腹面翼が位相遅れの場合は、逆にねじり中心が翼後縁側に近いほど空力的に不安定となることなどが明かとなった。 3.直線翼列及び回転翼列の三次元非定常二重線形揚力面理論に基づく数値計算プログラムを完成し、定常負荷効果を含んだフラッター特性を考察した。定常負荷の存在は曲げ振動1自由度フラッタの発生を可能にすること、空力励振力及び定常性能に最も強い影響を及ぼす設計パラメーターは翼の反りであることなどが明かとなった。 4.二次元翼列の非線形定常流れ場を解析する時間進行法オイラーコードを作成した。オイラーコードによる数値計算と線形理論解との比較から、線形理論は約10%の誤差の範囲内で定常性能を予測し得ることなどを確認した。 5.本補助金で購入したマッハツェンダー干渉計を含む計測システムと画像解析システムを完成した。楔翼による検証実験により、画像のノイズ除去法と信頼度の高い解析法を開発中である。 6.オイラーコードによる非定常計算および翼列風洞による実験研究などは次年度以降に持ち越すこととなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
LIF法による遷音速ディフューザ流れの三次元構造解析 by 小野, 大輔; 半田, 太郎; 青木, 俊之; 益田, 光治; Ono, Daisuke; Handa, Taro; Aoki, Toshiyuki; Masuda, Mitsuharu
11
断面積一定の水平管内において上下に分離された静止気体中を伝播する複合音波 by 与那嶺, 牧子; 宮里, 義昭; 益田, 光治; 松尾, 一泰; Yonamine, Makiko; Miyazato, Yoshiaki; Masuda, Mitsuharu; Matsuo, Kazuyasu
9.
LIF法による遷音速ディフューザ流れの三次元構造解析 by 小野, 大輔; 半田, 太郎; 青木, 俊之; 益田, 光治; Ono, Daisuke; Handa, Taro; Aoki, Toshiyuki; Masuda, Mitsuharu
11.
断面積一定の水平管内において上下に分離された静止気体中を伝播する複合音波 by 与那嶺, 牧子; 宮里, 義昭; 益田, 光治; 松尾, 一泰; Yonamine, Makiko; Miyazato, Yoshiaki; Masuda, Mitsuharu; Matsuo, Kazuyasu