イネの遺伝子マッピングの新展開

閲覧数: 17
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

イネの遺伝子マッピングの新展開

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
NEW APPROACH FOR RICE GENE MAPPING
責任表示:
岩田 伸夫(九州大学・農学部・教授)
IWATA Nobuo(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1994
概要(最新報告):
本研究は,イネの育種および遺伝子研究に充分なマップ基礎情報を与えることを主目的として企画された. 標識遺伝子や白葉枯病抵抗性遺伝子に関する24のF_2集団を調査した結果,これまでにfs-2,d-18,d-2,rl-2,spl-6,eg(染色体1),tri,bl-1,l-chl(t),spl-2(染色体2),chl-1,fc-1,st(t),dl,spl-3,(染色体3),Xa-1,Xa-2,d-11,Ph,lg(染色体4),gl-1,xa-5,d-1,st(t),spl-7,nl-1(染色体5),dp-1,spl-4,Cl(染色体6),g-1,d-6,spl-5,v-11(染色体7),sug,v-8(染色体8),I-Bf,dp-2,drp-2,Dn-1(染色体9),spl-10,pgl(染色体10),Xa-3,Xa-4,Xa-10,z-2,v-9(染色体11),spl-1,rl-1(染色体12)がRFLP連鎖地図にマップされ,従来の連鎖地図とRFLP連鎖地図との大まかな対応および統合が全染色体について明らかとなった. 種子でマッピング集団を維持できる組換自殖系統の育成を日本型品種「あそみのり」とインド型品種「IR24」の交配から単粒系統法で行い,F_6世代84系統を用いて114個のRFLP遺伝子座と26個のRAPD遺伝子座からなるRFLP/RAPD Land Mark地図を作成した.この中のF_7世代71系統を用いて385個のRFLPマーカーからなるRFLP地図を構築した.この地図はDNAマーカーの連鎖解析用骨格地図となるもので,多方面の利用が期待される. Tertiary trisomics, Acrotrisomics,相互転座,染色体欠失などの染色体変異系統を利用して,その切断点のRFLP地図上での位置を推定した結果,染色体1,3,4,5,7,9,12について染色体と連鎖群の物理的な対応が明らかになった.また,一部はRFLP地図上での動原体の位置あるいはRFLPマーカーの座乗腕が決定された.さらに,染色体地図作成の有力な武器となると期待されるin situ chromosome hybridization およびmicrodisectionを試みた結果,今後のイネ染色体地図作成に使用できる見通しが立った. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
8
DNAマーカーを利用したイネの効率的育種技術の開発 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
3
イネ遺伝子資源の開発と同定 by 大村 武; 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
9
イネの2倍体, 3倍体間の交雑に関する研究, 特に交雑種子の発達について by 永松, 土巳; 大村, 武; 古賀, 義昭; Nagamatsu, Tsutsumi; Omura, Takeshi; Koga, Yoshiaki
5
日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
3.
イネ遺伝子資源の開発と同定 by 大村 武; 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
5.
日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
7.
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
8.
DNAマーカーを利用したイネの効率的育種技術の開発 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
9.
イネの2倍体, 3倍体間の交雑に関する研究, 特に交雑種子の発達について by 永松, 土巳; 大村, 武; 古賀, 義昭; Nagamatsu, Tsutsumi; Omura, Takeshi; Koga, Yoshiaki