未熟胸腺細胞上のβTCR複合体の構造および胸腺細胞分化に果たす役割の解析

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

未熟胸腺細胞上のβTCR複合体の構造および胸腺細胞分化に果たす役割の解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The structure and function of beta TCR on immature thymocytes.
責任表示:
岸 裕幸(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
KISHI Hiroyuki(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
βTCRの発現はCD4-8-細胞からCD4+8+細胞への分化に重要な役割を果たす。我々は、このような未熟胸腺細胞上のβTCRの構造、機能を明らかにするために、前年度作成した未熟胸腺細胞株LSB11-1およびβTCRトランスジェニックマウスを用いて解析を行った。LSB11-1細胞上にはCD3を伴わずに発現していると考えられるβTCRが発現しており、このβTCRがglycosylphosphatidylinositol(GPI)に結合しているかを調べた。phosphatidylinositol特異的phospholipaseC(PI-PLC)により処理し、FACScanにて解析すると、細胞表面のβTCRが減少していることがわかった。βTCRトランスジェニックマウスの胸腺細胞上にもβTCR+CD3ε-の細胞集団が存在しPI-PLC処理により細胞表面のβTCRが減少することがわかった。さらにβTCRトランスジェニックマウスの胸腺細胞の細胞表面蛋白質を ^<125>Iで標識後、PI-PLC処理すると、上清中に単量体のβTCRが遊離してきた。LSB11-1およびβTCRトランスジェニックマウスの胸腺細胞上には二量体のβTCRのほかに単量体の形のβTCRが存在している。以上の結果より、単量体の形のβTCRがGPIに結合していることが明らかになった。二量体の形のβTCRがどのような構造をとっているかは現在検討中である。LSB11-1細胞にαTCR遺伝子を導入し、αβTCRを細胞表面に発現させたLSB11-1α29細胞は抗βTCR抗体による刺激で細胞内Ca^<2+>の上昇が観察されたが、LSB11-1細胞を抗βTCR抗体で刺激しても細胞内Ca^<2+>濃度は変動せず、未熟βTCR複合体と、αβTCR複合体とは異なるシグナル伝達を行う可能性がある。現在、LSB11-1細胞を抗βTCR抗体で刺激した時に蛋白質のリン酸化等のシグナル伝達が誘導されるか検討している。今後、この未熟βTCRからのシグナルが未熟胸腺細胞の分化をどのように誘導するか検討していきたい。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
CD5分子の生物学的機能の解析 by 西村 泰治; NISHIMURA Yasuharu
12
博物館・美術館の果たす役割 by 文化財保存修復学会
4.
CD5分子の生物学的機能の解析 by 西村 泰治; NISHIMURA Yasuharu
12.
博物館・美術館の果たす役割 by 文化財保存修復学会