プロスタノイドによる血管平滑筋の興奮ー収縮と内皮細胞における興奮ー分泌機序の解明

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロスタノイドによる血管平滑筋の興奮ー収縮と内皮細胞における興奮ー分泌機序の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
伊藤 猛雄(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991
概要(最新報告):
高速液体クロマトグラフィ-を用いた蛍光測定による分析から、内皮正常ブタ冠状動脈血管条片から、エンドセリン、アセチルコリンもしくはブラジキニン刺激により各種のプロスタノイド(6ーketoprostaglandin F_<1α'> prostaglandin E_2及びthromboxane B_2)が遊離されることが判明した。またradioimmunoassayにより、エンドセリン、アセチルコリン及びブラジキニン刺激により内皮正常ブタ冠状動脈条片およびその単離内皮細胞から6ーketoprostaglandin F_<1α>が遊離されるが、内皮除去ブタ冠状動脈血条片からは6ーketoprostaglandin F_<1α>が遊離されないことが判明した。このことよりこれらの血管刺激物質は主にブタ冠状動脈内皮細胞よりprostacyclinを遊離させそれ自身による血管収縮作用を調節しているものと考えられた。一方、エンドセリン、アセチルコリン及びブラジキニンは内皮除去ブタ冠状動脈血管条片からprostaglandin E_2の遊離を増加させることが判明した。この作用は内皮存正常ブタ冠状動脈血管条片において明かではなかった。このことよりこれらの血管刺激物質はブタ冠状動脈平滑筋細胞よりprostaglandin E_2を遊離させそれ自身による血管収縮作用を調節しているものと考えられた。このように、ブタ冠状動脈の強力な血管収縮物質であるエンドセリンやアセチルコリンはその内皮細胞及び血管平滑筋に作用しそれ自身の収縮作用を調節するいくつかのブレ-キングシステムを介して血管のト-ヌスを調節している可能性が明かとなった。現在プロスタサイクリン及びprostaglandin E_2の血管弛緩作用にについて検討中であるが、これまでのところでは、これらのプロスタノイドは従来報告されているように細胞内のcyclic AMPを介して平滑筋を弛緩させるのではないかということが判明した。現在その作用機序について検討している。 続きを見る
本文を見る

類似資料: