濃黄色花シクラメン品種の作出に関する研究

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

濃黄色花シクラメン品種の作出に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the breeding of deep yellow flowered cyclamen cultivars
責任表示:
宮島 郁夫(九州大学・農学部・助手)
MIYAJIMA Ikuo(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
濃黄色花シクラメン品種を作出するために,昨年度は,黄色花シクラメンにおいて花弁内黄色色素(カルコン)含量が多い個体を選抜した。また,赤色花品種‘ボンファイア'において,通常の個体よりも花色が濃く,かつ花弁内色素量がきわめて多い個体(ブラック・ボンファイアと仮称する)も選抜できた。さらに,これら両者の交配によりF_1を獲得できたので,本年度は,交配親に用いた‘ブラック・ボンファイア'の花色素構成と,これらF_1の花色ならびに花色素構成を調査した。 ‘ブラック・ボンファイア':通常の‘ボンファイア'は赤色花で,花弁にはアントシアニジンとしてシアニジンとペオニジンとを含んでいるが,‘ブラック・ボンファイア'は赤黒色花で,これら二つのアントシアニジンに加え,デルフィニジン,ペチュニジンおよびマルビジンを含んでいた。 F_1の花色:黄色花シクラメンと‘ブラック・ボンファイア'との交配により,40個体のF_1を得ることができたが,これらはいずれも桃色もしくは紫色花個体であり,黄色花個体は得られなかった。 F_1の花色素構成:得られたF_1のうち桃色花個体の花弁には,デルフィニジン,シアニジンおよびマルビジンが,また,紫色花個体の花弁からはデルフィニジンとマルビジンが検出された。しかしながら,いずれの個体の花弁にも黄色花シクラメンの主要な黄色色素であるカルコンは含まれていなかった。 次いで,これらF_1の自家交配を行なったところ、多数のF_2個体を得ることができた。これらF_2個体には,葉や葉柄が黄色味を帯びているものが認められることから,黄色花の開花が予想される。現在,育成中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
シクラメンの花色素と花色発現について by 宮島, 郁夫; 土井, 一郎; 鹿毛, 哲郎; Miyajima, Ikuo; Doi, Ichiro; Kage, Tetsuro
8
Breeding science by Nihon Ikushu Gakkai; National Institute of Informatics
9
Ikushugaku kenkyū : Breeding research by Nihon Ikushu Gakkai
4
シクラメン/球根類 by 農山漁村文化協会
10
Crop breeding : methods and protocols by Fleury, Delphine; Whitford, Ryan
5
キンギョソウの花色素に関する研究 : アントシアニン蓄積におよぼす各種被覆資材による光制限の影響 by 土岐, 健次郎; 上本, 俊平; 井田, 美紀子; 土岐, 淳子; Toki, Kenji; Uemoto, Shunpei; Ida, Mikiko; Toki, Junko
11
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo
2.
シクラメンの花色素と花色発現について by 宮島, 郁夫; 土井, 一郎; 鹿毛, 哲郎; Miyajima, Ikuo; Doi, Ichiro; Kage, Tetsuro
4.
シクラメン/球根類 by 農山漁村文化協会
5.
キンギョソウの花色素に関する研究 : アントシアニン蓄積におよぼす各種被覆資材による光制限の影響 by 土岐, 健次郎; 上本, 俊平; 井田, 美紀子; 土岐, 淳子; Toki, Kenji; Uemoto, Shunpei; Ida, Mikiko; Toki, Junko
8.
Breeding science by Nihon Ikushu Gakkai; National Institute of Informatics
9.
Ikushugaku kenkyū : Breeding research by Nihon Ikushu Gakkai
10.
Crop breeding : methods and protocols by Fleury, Delphine; Whitford, Ryan
11.
良タンパク質米の育種 by 岩田 伸夫; IWATA Nobuo